過去の記録

過去の記録 ~12/04本日 12/05 | 今後の予定 12/06~

博士論文発表会

12:45-14:00   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
山本 悠登 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Periods of tropical K3 hypersurfaces
(トロピカルK3超曲面の周期)
(JAPANESE)

博士論文発表会

14:15-15:30   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
大井 雅雄 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
On depth in the local Langlands correspondence
(局所Langlands対応における深度の概念について)
(JAPANESE)

博士論文発表会

9:15-10:30   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
田口 和稔 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
On constrained discrete total variation flows and related topics
(束縛付き離散全変動流について)
(JAPANESE)

博士論文発表会

10:45-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
早瀬 友裕 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Parameter Estimation of Random Matrix Models via Free Probability Theory
(自由確率論によるランダム行列モデルのパラメータ推定)
(JAPANESE)

博士論文発表会

12:45-14:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
黄 欣馳 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Inverse problems by Carleman estimates for several partial differential equations in mathematical physics
(数理物理学に現れる偏微分方程式に対するカーレマン評価による逆問題) (ENGLISH)

博士論文発表会

14:15-15:30   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
李 煥元 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
On the Motion of Inhomogeneous Incompressible Fluids
(非一様非圧縮性流体の運動について)
(ENGLISH)

2019年01月31日(木)

博士論文発表会

12:45-14:00   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
福岡 尊 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
On sextic del Pezzo fibrations over curves
(曲線上の次数6のdel Pezzo ファイブレーションについて)
(JAPNESE)

博士論文発表会

14:15-15:30   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
加藤 本子 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Richard Thompson's groups from the viewpoint of geometric group theory
(幾何学的群論の観点によるリチャード・トンプソン群の研究)
(JAPANESE)

博士論文発表会

15:45-15:30   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
今野 北斗 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Characteristic classes via 4-dimensional gauge theory
(4次元ゲージ理論に基づく特性類の構成)
(JAPANESE)

博士論文発表会

17:15-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
谷村 慈則 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
An algebraic approach to Duflo's polynomial conjecture in the nilpotent case
(冪零の場合のDufloの多項式予想に対する代数的アプローチ)
(JAPANESE)

博士論文発表会

12:45-14:00   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
高橋 和音 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Hénon type elliptic equations with critical Sobolev growth
(臨界Sobolev指数を持つHénon 型楕円型方程式)
(JAPANESE)

博士論文発表会

14:15-15:30   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
後藤  ゆきみ 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Binding stability of molecules in density-matrix-functional theories
(密度行列汎関数理論における分子の安定性) 
(JAPANESE)

博士論文発表会

15:45-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
只野 之英 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Long-range scattering problem and continuum limit of discrete Schrödinger operators
(離散シュレディンガー作用素の長距離散乱問題と連続極限)
(JAPANESE)

博士論文発表会

17:15-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
三上 渓太 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Localization in direction of Schrödinger operators with homogeneous potentials of order zero.
(0次斉次なポテンシャルを持つシュレディンガー作用素の方向局所化について) 
(JAPANESE)

博士論文発表会

9:15-10:30   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
梶原 直人 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Constructions of various solutions for parabolic equations in mathematical biology and phase-field models
(数理生物学とフェイズフィールドモデルにおける放物型方程式に対する様々な解の構成)
(JAPANESE)

博士論文発表会

10:45-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
簫 冬遠 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Spreading speeds and asymptotic profiles of solutions of the farmer and hunter-gatherer models
(農耕民族と狩猟採集民族モデルの解の広がり速度と漸近的形状)
(ENGLISH)

博士論文発表会

14:15-15:30   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
滝聞 太基 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
A combinatorial study on K-theoretic k-Schur functions and stable Grothendieck polynomials
( K-理論的k-シューア関数と安定グロタンディーク多項式に関する組合せ論的研究) 
(JAPANESE)

博士論文発表会

15:45-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
片岡 武典 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Equivariant Iwasawa theory for elliptic curves
(楕円曲線の同変岩澤理論)
(JAPANESE)

博士論文発表会

17:15-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
戸次 鵬人 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Some arithmetic properties of geodesic cycles on locally symmetric spaces
(局所対称空間上の測地的サイクルの数論的性質についての研究)
(JAPANESE)

2019年01月30日(水)

作用素環セミナー

16:45-18:15   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
藤陽平 氏 (理研)
2次元共形場理論を用いたトポロジカル相のモデルの構成 (Japanese)

2019年01月29日(火)

代数幾何学セミナー

15:30-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
三井健太郎 氏 (神戸)
Logarithmic good reduction and the index (TBA)
[ 講演概要 ]
A proper smooth variety over a complete discrete valuation field is said to have (log) good reduction if it admits a proper (log) smooth model over the valuation ring (the log structure is given by the closed fiber). Monodromy criteria for good reduction and log good reduction have been studied. We study the log case by additional other conditions on geometric invariants such as the index of the variety (the minimal positive degree of a 0-cycle). In particular, we obtain a criterion for log good reduction of curves of genus one.

PDE実解析研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Salvatore Stuvard 氏 (The University of Texas at Austin)
The regularity of area minimizing currents modulo $p$ (English)
[ 講演概要 ]
The theory of integer rectifiable currents was introduced by Federer and Fleming in the early 1960s in order to provide a class of generalized surfaces where the classical Plateau problem could be solved by direct methods. Since then, a number of alternative spaces of surfaces have been developed in geometric measure theory, as required for theory and applications. In particular, Fleming introduced currents modulo $2$ to treat non-orientable surfaces, and currents modulo $p$ (where $p \geq 2$ is an integer) to study more general surfaces occurring as soap films.
It is easy to see that, in general, area minimizing currents modulo $p$ need not be smooth surfaces. In this talk, I will sketch the proof of the following result, which achieves the best possible estimate for the Hausdorff dimension of the singular set of an area minimizing current modulo $p$ in the most general hypotheses, thus answering a question of White from the 1980s: if $T$ is an area minimizing current modulo $p$ of dimension $m$ in $R^{m+n}$, then $T$ is smooth at all its interior points, except those belonging to a singular set of Hausdorff dimension at most $m-1$.

2019年01月28日(月)

東京確率論セミナー

16:00-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
河本 陽介 氏 (福岡歯科大学)
ランダム行列に関する普遍的な点過程間の遷移関係とその力学版 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
ランダム行列に関する無限粒子系の点過程として、Bessel点過程、サイン点過程、Airy点過程がよく知られている。これらは最初、Gaussianランダム行列モデルの固有値のスケーリング極限として得られたが、その後様々なモデルのスケーリング極限としても得られるという普遍性が明らかになった。この意味で、上記3つの点過程はランダム行列に関する典型的なモデルといえる。さらに、この3つは互いにスケーリング極限で結びついており、Bessel点過程を親玉とした遷移関係が存在することが知られている。今回の講演では、この点過程間の遷移関係が、点過程に自然に付随する確率力学にも遺伝することを導き、確率力学のレベルにおいてもBessel干渉型確率微分方程式を親玉とする遷移関係があることを紹介する。また時間が許す限り証明についても述べたい。

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
大野乾太郎 氏 (東京大学)
Minimizing CM degree and slope stability of projective varieties (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Chow-Mumford (CM) line bundle is considered to play an important role in moduli problem for K-stable Fano varieties. In this talk, we consider a minimization problem of the degree of the CM line bundle among all possible fillings of a polarized family over a punctured curve. We show that such minimization implies the slope semistability of the fiber if the central fiber is smooth.

2019年01月22日(火)

解析学火曜セミナー

16:50-18:20   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
加藤圭一 氏 (東京理科大学)
Construction of solutions to Schrodinger equations with sub-quadratic potential via wave packet transform (Japanese)
[ 講演概要 ]
In this talk, we consider linear Schrodinger equations with sub-quadratic potentials, which can be transformed by the wave packet transform with time dependent wave packet to a PDE of first order with inhomogeneous terms including unknown function and second derivatives of the potential. If the second derivatives of the potentials are bounded, the homogenous term of the first oder equation gives a construction of solutions to Schrodinger equations with sub-quadratic potentials by the similar way as in D. Fujiwara's work for Feynman path integral. We will show numerical computations by using our construction, if we have enough time.

< 前へ 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174 次へ >