過去の記録

過去の記録 ~12/05本日 12/06 | 今後の予定 12/07~

2020年11月17日(火)

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:00   オンライン開催
参加を希望される場合は、セミナーのホームページから参加登録を行って下さい。
三松 佳彦 氏 (中央大学)
Lefschetz fibration on the Milnor fibers of simple elliptic and cusp singularities (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
In this talk a joint work with Naohiko Kasuya(Kyoto Sangyo U.), Hiroki Kodama(Tohoku U.), and Atsuhide Mori(Osaka Dental U.) is reported. The main result is the following.

There exist a Lefschetz fibration of the Milnor fiber of T_{pqr}-singularity (1/p + 1/q + 1/r ≦ 1) to the unit disk with regular fiber diffeomorphic to T^2.

An outline of the construction will be explained, through which, the space of 2-jets of (R^4, 0) to (R^2, 0) is analysed. This is motivated by F. Presas' suggestion that the speaker's construction of regular Poisson structures(=leafwise symplectic foliations) on S^5 might be interpreted by ``leafwise Lefschetz fibration''. These Lefschetz fibrations give a way to look at K3 surfaces through an extended class of Arnol'd's strange duality. These applications are introduced as well.
[ 参考URL ]
https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/MSF/topology/TuesdaySeminar/index_e.html

2020年11月12日(木)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
Sutanu Roy 氏 (NISER)
Contraction and bosonisation (English)
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

東京名古屋代数セミナー

16:00-17:30   オンライン開催
オンライン開催の詳細は上記URLをご覧ください。
酒井 嵐士 氏 (名古屋大学)
ICE-closed subcategories and wide tau-tilting modules (Japanese)
[ 講演概要 ]
多元環の表現論では、多元環上の加群のなす圏の部分圏が調べられてきた。例えば、torsion class やwide部分圏などがある。今回の講演ではこれら2つの共通の一般化であるアーベル圏のICE-closed 部分圏を紹介する。そしてICE-closed部分圏はwide 部分圏のtorsion classであることを見る。またsupport tau-tilting 加群の一般化であるwide tau-tilting 加群を導入し、ICE-closed 部分圏がwide tau-tilting 加群と対応することを見る。本講演の内容は榎本悠久氏との共同研究に基づいている。

2020年11月11日(水)

離散数理モデリングセミナー

17:00-18:00   オンライン開催
Zoomを用いてオンラインで行います.参加希望の方はウィロックスまでZoomのリンクをお尋ねください.
永井 敦 氏 (津田塾・情報科学科)
離散ソボレフ不等式とその応用ー周期格子からC60フラーレンまで (Japanese)
[ 講演概要 ]
境界値問題のグリーン関数は適切なヒルベルト空間の再生核であり、その応用としてソボレフ不等式の最良定数(等号成立条件)を具体的に計算できる。次にグラフ上の離散ソボレフ不等式を導出し、その応用としてC60フラーレンとその異性体上の離散ソボレフ不等式の最良定数を計算する。
Y. Kametaka, K. Watanabe, A. Nagai, K. Takemura, H. Yamagishi, H. Sekido, The best constant of discrete Sobolev inequality on 1812 C60 fullerene isomers, JSIAM Letters 2020 Volume 12 pp. 49-52.

2020年11月09日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   オンライン開催
野瀬 敏洋 氏 (福岡工業大学)
局所ゼータ関数の有理型解析接続と極性をもたない特異性について
[ 講演概要 ]
局所ゼータ関数とは、1つの滑らかな関数に対して定義される右半平面上の正則関数である。この滑らかな関数が実解析的である場合、局所ゼータ関数は複素平面全体へ有理型関数として解析接続されることが知られている。一方、実解析的でない場合の状況はより複雑である。本講演では、局所ゼータ関数の解析接続可能な領域に対応する量を考え、ある形の滑らかな関数の場合にその量の評価、決定について論じる。特に、評価の最良性を得るため、特定の状況下で局所ゼータ関数が極と異なる特異性をもつことを示す。(神本丈氏との共同研究を含める)
[ 参考URL ]
https://zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB

2020年11月05日(木)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
Zhengwei Liu 氏 (Tsinghua University)
Subfactors and Quantum Fourier Analysis (English)
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

応用解析セミナー

16:00-17:30   数理科学研究科棟(駒場) オンライン開催 号室
【中止】講演者の体調不良により中止となりました。
館山翔太 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Hölder gradient estimates on L^p-viscosity solutions of fully nonlinear parabolic equations with VMO coefficients (Japanese)
[ 講演概要 ]
We discuss fully nonlinear second-order uniformly parabolic equations, including parabolic Isaacs equations. Isaacs equations arise in the theory of stochastic differential games. In 2014, N.V. Krylov proved the existence of L^p-viscosity solutions of boundary value problems for equations with VMO (vanishing mean oscillation) “coefficients” when p>n+2. Furthermore, the solutions were in the parabolic Hölder space C^{1,α} for 0<α<1. Our purpose is to show C^{1,α} estimates on L^p-viscosity solutions of fully nonlinear parabolic equations under the same conditions as in Krylov’s result.
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf4Rmd6B0m9_t_-xdy2hT1ZC1Ziz2qEc3yLRCQNZBilAOB1Ag/viewform?usp=sf_link

情報数学セミナー

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
PC興亡史、並列演算とは?、量子ゲートとは? (Japanese)
[ 講演概要 ]
 今日のデータ量増大、処理の高度化への要求に伴い、各種の古典コンピューティングによる高速化手法が考案されている。また、根本的なコンピューティングの原理の革新としての量子コンピューティングの世界が拓かれようとしている。
 本講では、PCを巡る興亡史、古典コンピューティングにおける並列演算と量子コンピューティングの基礎となる量子ゲート方式の考え方について数理科学的視点から概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月29日(木)

作用素環セミナー

15:30-17:00   オンライン開催
谷本溶 氏 (ローマ第2大学)
Continuum (free) fields from lattice wavelet renormalization
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

情報数学セミナー

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
ディープラニングの教師あり・なし学習と強化学習 (Japanese)
[ 講演概要 ]
現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、学習データの扱いは、極めて重要である。そこで、本講では、ディープラーニングと学習データ、データ拡張と転移学習、過学習の防止法について述べる。
 次に、教師あり学習と教師なし学習 、強化学習と代表例のバンディットアルゴリズムに触れた後に、ディープラーニング理論に基づくAIの社会実装例について紹介する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月27日(火)

数値解析セミナー

16:30-18:00   オンライン開催
Buyang Li 氏 (The Hong Kong Polytechnic University)
Convergent evolving finite element algorithms for mean curvature flow and Willmore flow of closed surfaces (English)
[ 講演概要 ]
We construct evolving surface finite element methods for the mean curvature and Willmore flow through equivalently reformulating the original equations into coupled systems governing the evolution of surface position, velocity, normal vector and mean curvature. Then we prove $H^1$-norm convergence of the proposed evolving surface finite element methods for the reformulated systems, by combining stability estimates and consistency estimates. The stability analysis is based on the matrix–vector formulation of the finite element method and does not use geometric arguments. The geometry enters only into the consistency estimates. Numerical experiments illustrate and complement the theoretical results.
References :
[1] https://doi.org/10.1007/s00211-019-01074-2
[2] https://arxiv.org/abs/2007.15257
[ 参考URL ]
https://forms.gle/HeuUxWLGa696KPvz8

PDE実解析研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場)  Zoomによるオンライン開催 号室
Son Tu 氏 (University of Wisconsin Madison)
Vanishing discount problems for Hamilton-Jacobi equations on changing domains (English)
[ 講演概要 ]
We study the asymptotic behavior, as the discount factor vanishes, of the Hamilton-Jacobi equation with state-constraint on changing domains. Surprisingly, we can obtain both convergence results and non-convergence results in this convex setting. Moreover, we provide a very first result on the asymptotic expansion of the additive eigenvalue of the Hamiltonian with respect to the changing domains. The main tool we use is a duality representation of solution with viscosity Mather measures.

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:00   オンライン開催
参加を希望される場合は、下記URLから参加登録を行って下さい。
吉田 純 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Vassiliev derivatives of Khovanov homology and its application (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Khovanov homology is a categorification of the Jones polynomial. It is known that Khovanov homology also arises from a categorical representation of braid groups, so we can regard it as a kind of quantum knot invariant. However, in contrast to the case of classical quantum invariants, its relation to Vassiliev invariants remains unclear. In this talk, aiming at the problem, we discuss a categorified version of Vassiliev skein relation on Khovanov homology. Namely, we extend Khovanov homology to singular links so that extended ones can be seen as "derivatives" in view of Vassiliev theory. As an application, we compute first derivatives to determine Khovanov homologies of twist knots. This talk is based on papers arXiv:2005.12664 (joint work with N.Ito) and arXiv:2007.15867.
[ 参考URL ]
https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/MSF/topology/TuesdaySeminar/index_e.html

東京名古屋代数セミナー

16:30-18:00   オンライン開催
オンライン開催の詳細は上記URLをご覧ください。
行田 康晃 氏 (名古屋大学)
Positive cluster complex and $\tau$-tilting complex (Japanese)
[ 講演概要 ]
In cluster algebra theory, cluster complexes are actively studied as simplicial complexes, which represent the structure of a seed and its mutations. In this talk, I will discuss a certain subcomplex, called positive cluster complex, of a cluster complex. This is a subcomplex whose vertex set consists of all cluster variables except for those in the initial seed. I will also introduce another simplicial complex in this talk - the tau-tilting complex, which has vertices given by all indecomposable tau-rigid modules, and simplices given by basic tau-rigid modules. In the case of a cluster-tilted algebra, it turns out that a tau-tilting complex corresponds to some positive cluster complex. Due to this fact, we can investigate the structure of a tau-tilting complex of tau-tilting finite type by using the tools of cluster algebra theory. This is joint work with Haruhisa Enomoto.

2020年10月26日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   オンライン開催
服部 広大 氏 (慶應義塾大学)
Spectral convergence in geometric quantization
[ 講演概要 ]
シンプレクティック多様体とその上の前量子化束の組に対して、シンプレクティック形式と整合する複素構造の1パラメーター族と正則切断の1パラメーター族を考える。複素構造に対応するケーラー偏極の族が、ラグランジュファイブレーションに対応する実偏極に収束するとき、正則切断の族はボーア・ゾンマーフェルトファイバーに局所化するという現象が、アーベル多様体やトーリック多様体などのいくつかの例で観測されている。本講演では非特異なラグランジュファイブレーションの場合を中心に、前量子化束上のラプラス作用素のスペクトル収束の観点からボーア・ゾンマーフェルトファイバーへの局所化を説明する。本講演の内容は、山下真由子氏(京都大学)との共同研究に基づく。
[ 参考URL ]
https://zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB

2020年10月22日(木)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
濱田裕康 氏 (佐世保工業高専)
$C^*$-algebras generated by multiplication operators and composition operators by functions with self-similar branches
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

情報数学セミナー

16:50-18:35   数理科学研究科棟(駒場) オンライン(Zoom)号室
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
情報セキュリティ10 大脅威 2020からゼロトラストを考える (Japanese)
[ 講演概要 ]
情報セキュリティ10 大脅威 2020 には、最新のサイバー攻撃等による脅威の実態が示されている。また、防御側の企業や大学等は、ゼロトラストネットワークの導入が重要となっている。さらに、サイバーセキュリティ・ビジネスは、急成長を遂げている。
 そこで、本講では、サイバー攻撃への対策としてのサイバーセキュリティ技術と同分野のベンチャー企業の動向について述べる。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月20日(火)

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:00   オンライン開催
参加を希望される場合は、下記URLから参加登録を行って下さい。
Alexandru Oancea 氏 (Sorbonne Université)
Poincaré duality for free loop spaces (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
A certain number of dualities between homological and cohomological invariants of free loop spaces have been observed over the years, having the flavour of Poincaré duality but nevertheless holding in an infinite dimensional setting. The goal of the talk will be to explain these through a new duality theorem, whose proof uses symplectic methods. The talk will report on joint work with Kai Cieliebak and Nancy Hingston.
[ 参考URL ]
https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/MSF/topology/TuesdaySeminar/index_e.html

2020年10月19日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   オンライン開催
松村慎一 氏 (東北大学)
On projective manifolds with pseudo-effective tangent bundle
[ 講演概要 ]
In this talk, I would like to discuss projective manifolds whose tangent bundle is pseudo-effective or admits a positively curved singular metric. I will explain a structure theorem for such manifolds and the classification in the two-dimensional case, comparing our theory with classical results for nef tangent bundle or non-negative bisectional curvature. Related open problems will be discussed if time permits.
This is joint work with Genki Hosono (Tohoku University) and Masataka Iwai (Osaka City University).
[ 参考URL ]
https://zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB

統計数学セミナー

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) Zoom号室
下記URLより事前参加登録をお願いします.
小池祐太 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
高頻度データ解析に端を発する高次元中心極限定理の展開について (日本語)
[ 講演概要 ]
本発表では、金融高頻度データ解析におけるリード・ラグ関係の有意性検定の問題に端を発して講演者が取り組んだ、高次元中心極限定理に関する最近の研究の進展について報告する。まず、元々の研究の背景であるリード・ラグ関係の有意性検定の問題について説明し、その問題を解くために講演者が証明した、多重Wiener-伊藤積分およびhomogeneous sumに対する高次元中心極限定理を述べる。次に、後者の結果の証明におけるアイディアを発展させることによって得られた、独立な確率ベクトルの和に対する高次元中心極限定理の精緻化に関する結果を紹介する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfDhlzlC6haR8dsDn9_mCxi1s9RtXZxTi_U7Nb_Xl6q7Gw1dA/viewform

2020年10月15日(木)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
Sven Raum 氏 (Stockholm Univ.)
Structure of Hecke von Neumann algebras and applications to representation theory
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

情報数学セミナー

16:50-18:35   数理科学研究科棟(駒場) オンライン(Zoom)号室
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
古典コンピューティングの高速化手法の実際と量子コンピューティングの基本=重ね合わせ原理 (Japanese)
[ 講演概要 ]
 今日のデータ量増大、処理の高度化への要求に伴い、各種の古典コンピューティ
ングによる高速化手法が考案されている。また、根本的なコンピューティングの
原理の革新としての量子コンピューティングの世界が拓かれようとしている。
 そこで、本講では、古典コンピューティングにおける高速化の基本と量子コン
ピューティングの根底に ある因果律の革新的考え方について数理科学的視点か
ら概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月12日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   オンライン開催
野口潤次郎 氏 (東大数理)
擬凸領域二題 (Japanese)
[ 講演概要 ]
多変数関数論の基本として岡の擬凸定理はよく知られている.
講演内容は、それ以前の次の基礎事項二つの証明:
(1) $\Omega/\mathbf{C}^n$ を不分岐領域とし,$\lambda: \Omega \to [-\infty, \infty)$を多重劣調和関数とする.このとき $\Omega$ がスタインならば$\{ \lambda$ < $c \}$, $c \in \mathbf{R}$, もスタインである. これを準備しておくと擬凸定理の証明で何かと便利である.
(2) Bochnerの管定理の簡短証明.岡の境界距離定理を用いる.この管定理を局所化した柏原の凸錐補題が佐藤超関数論の基礎部分で用いられる.上述の簡短証明のアイデアを用いてその凸錐の図形的情況を詳しく述べる.
[ 参考URL ]
https://zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB

2020年10月08日(木)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
小沢登高 氏 (京大数理研)
An entropic proof of cutoff on Ramanujan graphs
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

情報数学セミナー

16:50-18:35   オンライン開催
藤原洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
ニューラルネットワークからディープラーニングへ (Japanese)
[ 講演概要 ]
 現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、これを基本としたAI技術基盤
が存在する。そこで、今回は、最初に本技術基盤の第2層に相当するAIライブラ
リレイヤについて、機械学習ライブラリの実例を示す。
 また、ディープラーニングは、ニューラルネットワークを対象にした
多層構造の機械学習モデルに基づいているが、ニューラルネット
ワークから如何にしてディープラーニングに到達するかについて
概観する。
 さらに、AIの実現例としてAIを活用したインフルエンザ予報サービスの取組み
について紹介する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

< 前へ 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171172173174 次へ >