Home

お知らせ

数物フロンティア国際卓越大学院(WINGS-FMSP)

代表研究科

数理科学研究科

学内連携研究科・附置研究所等

理学系研究科,経済学研究科,新領域創成科学研究科,工学系研究科,情報理工学系研究科, 医学系研究科,総合文化研究科,Kavli IPMU

養成する人材像 (Prospective profile of FMSP course graduates)

諸科学や社会のイノベーションには,基盤となる数学理論の構築・刷新が鍵となります. 数学を軸とし諸科学に広がりを持つ研究領域の開拓および数学の理論を深化,創成し異分野連携ができる次世代の数学・数理科学のリーダーの養成を目指します.

The key to innovation in sciences and society is the construction and renewal of the underlying mathematical theory. We aim to foster the next generation of mathematical science leaders who can create research areas that are centered on mathematics and spread in various sciences and deepen and create novel mathematical theories.

プログラムの特色等

現代社会はますますAI化が進むと考えられます. データを実質的に活用し,真に豊かな社会の実現のためには,諸科学分野,産業技術分野の基礎を原理レベルで理解し, それを新しい数学理論として構築でき,実社会に応用できる人材がかつてないほど多く必要とされます. そこで,数学に関する高い専門性をコアとして,諸科学や産業技術に対してグローバルな視野を持ち, 国際的競争力を備えた人物を養成します.大学院数理科学研究科付属連携基盤センターを通して, 経済学研究科,新領域創成科学研究科,医学系研究科などとも連携して,数理科学若手研究者の視野を広げ, 数学の新理論を構築できるだけでなく,諸科学分野や産業技術分野に現れる重要な課題についても対応できる能力を身につけさせます.諸科学分野を将来リードしていく若手研究者,産業技術分野の研究者に,最先端数理科学の間にリンクを作り,将来数学研究者と共同研究ができる能力を身につけさせます.

コース生の要件

本コースに参加することのできる大学院学生は, 数理科学研究科,理学系研究科,経済学研究科,新領域創成科学研究科,工学系研究科,情報理工学系研究科,医学系研究科,総合文化研究科のいずれかに所属する者に限ります.

コース生への経済的支援

博士前期課程では,卓越リサーチ・アシスタント(RA)を委嘱し,研究業務に対する報酬として経済的支援を行います. 委嘱期間は, 採用された年度(博士前期課程1年次)の10月から翌年の3月までと, 博士前期課程2年次の4月から翌年の3月までの2つに分けられます. 博士前期課程1年次には月額12万円を支給します. 博士前期課程1年次の3月に審査を行い,認められた場合は,2年次では月額15万円を支給します. 博士後期課程からは,給付型の奨励金として月額20万円が支給されます(給付期間の上限は3年間です).奨励金の月額は,本プログラムの予算の状況等により変更することがあります.ただし,日本学術振興会(JSPS)特別研究員DC1/DC2に応募し,採択された場合には,(採用の年度から)奨励金は支給しません.

卓越RAの注意事項

ページ先頭へ戻る