過去の記録

過去の記録 ~08/15本日 08/16 | 今後の予定 08/17~

2021年12月16日(木)

応用解析セミナー

16:00-17:00   オンライン開催
Zhanpeisov Erbol 氏 (東大数理)
Existence of solutions for fractional semilinear parabolic equations in Besov-Morrey spaces (Japanese)
[ 講演概要 ]
分数冪拡散を伴う半線型放物型方程式の局所解の存在について考える。これらの方程式については、時間局所解の存在と初期値に許容される特異性の関係が知られているが、本講演では局所ベゾフモレイ空間で解を構成する事でデルタ関数の微分を含むような初期値に対して解を構成する。講演の前半では既存の研究や局所ベゾフモレイ空間の性質について触れ、後半では基本解の減衰評価と不動点定理を用いた証明について紹介する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/whpkgAwYvyQKQMzM8

東京名古屋代数セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
オンライン開催の詳細は下記URLをご覧ください。
Nicholas Williams 氏 (University of Cologne)
Cyclic polytopes and higher Auslander-Reiten theory (English)
[ 講演概要 ]
Oppermann and Thomas show that tilting modules over Iyama’s higher Auslander algebras of type A are in bijection with triangulations of even-dimensional cyclic polytopes. Triangulations of cyclic polytopes are partially ordered in two natural ways known as the higher Stasheff-Tamari orders, which were introduced in the 1990s by Kapranov, Voevodsky, Edelman, and Reiner as higher-dimensional generalisations of the Tamari lattice. These two partial orders were conjectured to be equal in 1996 by Edelman and Reiner, and we prove that this conjecture is true. We further show how the higher Stasheff-Tamari orders correspond in even dimensions to natural orders on tilting modules which were studied by Riedtmann, Schofield, Happel, and Unger. This then allows us to complete the picture of Oppermann and Thomas by showing that triangulations of odd-dimensional cyclic polytopes correspond to equivalence classes of d-maximal green sequences, which we introduce as higher-dimensional analogues of Keller’s maximal green sequences. We show that the higher Stasheff-Tamari orders correspond to natural orders on equivalence classes of d-maximal green sequences, which relate to the no-gap conjecture of Brustle, Dupont, and Perotin. The equality of the higher Stasheff-Tamari orders then implies that these algebraic orders on tilting modules and d-maximal green sequences are equal. If time permits, we will also discuss some results on mutation of cluster-tilting objects and triangulations.
[ 参考URL ]
http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~aaron.chan/TNAseminar.html

情報数学セミナー

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
自動車会社供給網へのサイバー攻撃とシスコによるゼロトラスト (Japanese)
[ 講演概要 ]
(Zoom参加のお申し込みは下記のURLから)
 最近、自動車会社に関連するサプライチェーンへのサイバー攻撃事件が多発している。世界的ネットワーク機器企業とサイバーセキュリティの最もホットな話題であるスタートアップ企業が、「誰も信用しないゼロトラストネットワーク」に注力している。
 そこで、本講では、自動車会社サプライチェーンへのサイバー攻撃の本質と、シスコシステムズとサイバーセキュリティベンチャー企業( SentinelOne社 StackPath社)の動向とその技術について概観する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1I3XD63V937BT_IoqRWBVN67goQAtbkSoIKs-6hfLUAM

2021年12月15日(水)

統計数学セミナー

14:30-16:00   数理科学研究科棟(駒場) 号室
Zoomで配信します。 参加希望の方は以下のGoogle Formより2日前までにご登録ください。
Estate Khmaladze 氏 (Victoria University of Wellington)
Theory of Distribution-free Testing
[ 講演概要 ]
Asia-Pacific Seminar in Probability and Statistics (APSPS)
https://sites.google.com/view/apsps/home

The aim of the talk is to introduce transformations of empirical-type processes by a group of unitary operators. Recall that if v_{nP} is empirical process on real line, based on a sample from P, it can be mapped into empirical process v_{nQ} by appropriate change of time

v_{nP}(h(x))=v_{nQ}(x)

where h(x) is continuous and increasing. This is the basis for distribution-free theory of goodness of fit testing. If w(\phi) is a function-parametric “empirical-type” process (i.e. has functions \phi from a space L as a time) and if K* is a unitary operator on L, then transformed process Kw we define as
Kw(\phi) = w(K*\phi)

These two formulas have good similarity, but one transformation in on the real line, while the other transformation in on functional space.This later one turns out to be of very broad use, and allows to base distribution-free theory upon it. Examples, we have specific results for, are parametric empirical
processes in R^d, regression empirical processes, those in GLM, parametric models for point processes and for Markov processes in discrete time. Hopefully, further examples will follow.
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdFj1XF8WJSPRmE0GFKY2QxscaGxC9msM6GkEsAf0TgD9yv2g/viewform

2021年12月14日(火)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
Karen Strung 氏 (Czech Academy of Science)
Constructions in minimal amenable dynamics and applications to classification of $C^*$-algebras


[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

Lie群論・表現論セミナー

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) on line号室
森田陽介 氏 (京都大学)
Conley 指数の定義について
(Japanese)
[ 講演概要 ]
Conley 指数は位相力学系の局所的な振る舞いを記述する量である。本講演では Conley 指数理論の新しい枠組みを紹介する。議論は非常に初等的で、位相空間論と、集合の包含関係の計算しか使わない。

2021年12月13日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   オンライン開催
川村 昌也 氏 (香川高等専門学校)
A generalized Hermitian curvature flow on almost Hermitian manifolds (Japanese)
[ 講演概要 ]
It is well-known that the Uniformization theorem (any Riemannian metric on a closed 2-manifold is conformal to one of constant curvature) can be proven by using the Ricci flow. J. Streets and G. Tian questioned whether or not a geometric flow can be used to classify non-Kähler complex surfaces as in the case of the Ricci flow. Also they asked if it is possible to prove classification results in higher dimensions by using geometric flows in non-Kähler Hermitian geometry. Streets and Tian considered that these flows should be close to the Kähler-Ricci flow as much as possible. From this point of view, they introduced a geometric flow called the Hermitian curvature flow (HCF) which evolves an initial Hermitian metric in the direction of a Ricci-type tensor of the Chern connection modified with some lower order torsion terms. Streets and Tian also introduced another geometric flow, which is called the pluriclosed flow (PCF), by choosing torsion terms to preserve the pluriclosed condition on Hermitian metrics. Y. Ustinovskiy studied a particular version of the HCF over a compact Hermitian manifold. Ustinovskiy proved that if the initial metric has Griffiths positive (non-negative) Chern curvature, then this property is preserved along the flow.

In recent years, some results concerning geometric flows on complex manifolds have been extended to the almost complex setting. For instance, L. Vezzoni defined a new Hermitian curvature flow on almost Hermitian manifolds for generalizing some studies on the HCF and the Hermitian Hilbert functional. And J. Chu, V. Tosatti and B. Weinkove considered parabolic Monge-Ampère equation on almost Hermitian manifolds, which is equivalent to the almost complex Chern-Ricci flow. T. Zheng characterized the maximal existence time for a solution to the almost complex Chern-Ricci flow.

In this talk, we consider a generalized Hermitian curvature flow in almost Hermitian geometry and introduce that it has some properties such as the long-time existence obstruction, the uniform equivalence between its solution and an almost Hermitian metric, and the preservation result along the flow.
[ 参考URL ]
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB

2021年12月09日(木)

情報数学セミナー

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
口座不正引き出し事件の考察とマイクロソフトによるゼロトラスト (Japanese)
[ 講演概要 ]
(Zoom参加のお申し込みは下記のURLから)
 最近、携帯電話会社の運営する口座とリンクした銀行口座を悪用した不正引き出し事件が多発している。世界的ソフトウェア企業とサイバーセキュリティの最もホットな話題であるスタートアップ企業が、「誰も信用しないゼロトラストネットワーク」に注力している。
 そこで、本講では、不正引き出し事件の本質と、マイクロソフトとサイバーセキュリティベンチャー企業( Cybereason社とHashiCorp社 )の動向とその技術について概観する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1I3XD63V937BT_IoqRWBVN67goQAtbkSoIKs-6hfLUAM

2021年12月07日(火)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
松田隼一朗 氏 (京大数学)
Classification of quantum graphs on $M_2$ and their quantum automorphism groups
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

トポロジー火曜セミナー

17:00-1800   オンライン開催
参加を希望される場合は、セミナーのホームページから参加登録を行って下さい。
佐野 岳人 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Bar-Natan ホモトピー型の構成 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
2000年に Khovanov は Jones 多項式の圏論化として Khovanov ホモロジー $H_{Kh}$ を構成した. 2014 年に Lipshitz-Sarkar は Khovanov ホモロジーの空間的実現として Khovanov ホモトピー型 $\mathcal{X}_{Kh}$ を構成した. すなわち $\mathcal{X}_{Kh}$ は空間(有限 CW スペクトラム)で, その被約コホモロジー群が Khovanov ホモロジーを復元するものである. Khovanov ホモロジーには Lee ホモロジー, Bar-Natan ホモロジーなどの変種があり, Rasmussen による $s$-不変量など重要な不変量を取り出すこともできる. これらの変種に対してホモトピー型が構成できるかどうかは2020年まで未解決であった. 講演者は 2021年 の論文で,変種の一つである Bar-Natan ホモロジー $H_{BN}$ に対して,その空間的実現である Bar-Natan ホモトピー型 $\mathcal{X}_{BN}$ を構成し, その安定ホモトピー型を決定した. $\mathcal{X}_{BN}$ の構成は $\mathcal{X}_{Kh}$ と同様に Cohen-Jones-Segal が提案したフロー圏による構成法を用いる. 安定ホモトピー型の決定は Lobb らによる「フロー圏における Morse 変形」の手法を用いる. Bar-Natan ホモトピー型を用いた $s$-不変量の空間的精密化は今後の課題である.

https://arxiv.org/abs/2102.07529
[ 参考URL ]
https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/MSF/topology/TuesdaySeminar/index_e.html

Lie群論・表現論セミナー

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) on line号室
久保利久 氏 (龍谷大学)
ハイゼンベルグ超双極型微分方程式の解空間における$K$-type構造の分類について
(Japanese)
[ 講演概要 ]
およそ10年程前,Kable氏は$\mathfrak{sl}(n,\mathbb{C})$に対して,複素パラメータ$s\in \mathbb{C}$を一つ持つ微分作用素の族$\square^{(n)}_s$を構成 し,ハイゼンベルグ超双極型作用素と呼んだ.この作用素$\square^{(n)}_s$は 絡作用素の観点からすると,ある放物型誘導表現間の$\widetilde{SL}(n, \mathbb{R})$-絡微分作用素とみなすことが出来る.本講演ではBent {\O}rsted 氏との共同研究に基づき,$\widetilde{SL}(3,\mathbb{R})$の場合に微分方程式 $\square^{(3)}_sf=0$の$K$-有限解のなす解空間の$K$-type構造の分類ならびに 関連する話題についてお話しする.

2021年12月02日(木)

情報数学セミナー

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
全体まとめとAIにおけるその他の機械学習手法
~LSTM/GAN/半教師あり/オートエンコーダ~ (Japanese)
[ 講演概要 ]
(Zoom参加のお申し込みは下記のURLから)
 全体まとめとして、現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、これを基本としたAI技術基盤が存在する。そこで、今回は、最初に本技術基盤の第2層に相当するAIライブラリレイヤについて、機械学習ライブラリの実例を示す。
 また、ディープラーニングは、ニューラルネットワークを対象にした多層構造の機械学習モデルに基づいているが、機械学習から如何にしてディープラーニングに到達するに至った、その他の機械学習アルゴリズムを体系的に概観する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1I3XD63V937BT_IoqRWBVN67goQAtbkSoIKs-6hfLUAM

応用解析セミナー

16:00-17:00   オンライン開催
寺井健悟 氏 (東大数理)
平均場ゲームに現れる1階の非線形偏微分方程式系の割引消去問題
[ 講演概要 ]
平均場ゲーム理論から導出される1階のハミルトン・ヤコビ・ベルマン方程式と連続方程式の連立系を扱い,割引率をゼロに近づけたときの解の漸近挙動を考察する.この漸近問題の特徴は極限方程式が多重解を持つことであり,部分列に依らず解が収束するか否かは非自明である.本講演では,弱解のコンパクト性および収束の意味での安定性を示し, 任意の収束部分列の極限が満たすべき条件を与える. そしてこれを用いて部分列に依らず解が収束する具体例を紹介する.本講演は三竹大寿氏(東京大学)との共同研究に基づく.
[ 参考URL ]
https://forms.gle/6cKyu9meCxSv72N19

2021年11月30日(火)

作用素環セミナー

16:45-18:15   オンライン開催
窪田陽介 氏 (信州大)
Crystallographic $T$-duality in twisted equivariant $K$-theory
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:00   オンライン開催
参加を希望される場合は、セミナーのホームページから参加登録を行って下さい。
佐藤 正寿 氏 (東京電機大学)
A non-commutative Reidemeister-Turaev torsion of homology cylinders (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
The Reidemeister-Turaev torsion of homology cylinders takes values in the integral group ring of the first homology of a surface. We lift it to a torsion valued in the $K_1$-group of the completed rational group ring of the fundamental group of the surface. We show that it induces a finite type invariant of homology cylinders, and describe the induced map on the graded quotient of the Y-filtration of homology cylinders via the 1-loop part of the LMO functor and the Enomoto-Satoh trace. This talk is based on joint work with Yuta Nozaki and Masaaki Suzuki.
[ 参考URL ]
https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/MSF/topology/TuesdaySeminar/index_e.html

数理人口学・数理生物学セミナー

15:30-17:00   数理科学研究科棟(駒場) オンライン開催号室
小島健 氏 (福島大学経済経営学類)
リスク行動異質性のあるSIRモデルにおける内生的な波 (Japanese)
[ 講演概要 ]
リスク行動異質性のあるSIRモデルを構築し、モデルにおいて内生的な感染の波が生じることを示す.
[ 参考URL ]
オンライン開催です.参加希望者は inaba@ms.u-tokyo.ac.jp までご連絡ください.

Lie群論・表現論セミナー

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) on line号室
Quentin Labriet 氏 (Reims University)
Branching problems for conformal Lie groups and orthogonal polynomials
(English)
[ 講演概要 ]
In this talk, I will present some results obtained during my PhD about a link between branching problems for conformal Lie groups and orthogonal polynomials. More precisely, I am going to look at some examples of branching problems for representations in the scalar-valued holomorphic discrete series of some conformal Lie groups. Using the geometry of symmetric cone, I will explain how the theory of orthogonal polynomials can be related to branching problems and to the construction of symmetry breaking and holographic operators.

2021年11月29日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   オンライン開催
北岡 旦 氏 (東京大学)
レンズ空間上のRay-Singer捩率とRumin複体のラプラシアン (Japanese)
[ 講演概要 ]
Rumin複体は、接触多様体に関するBernstein-Gelfand-Gelfand複体(BGG複体)である。BGG複体は、放物型幾何やフィルター付き多様体に対して構成される複体であり、BGG複体のコホモロジーはde Rhamコホモロジーに一致するという事が挙げられる。また、Rumin複体はsub-Riemmann極限を考えた際に自然に現れるという性質を持つ。

De Rham複体を使って定義した概念をRumin複体に置き換えるとどうなるのか、ということを考える。本講演では、この考えを解析的捩率に適応した場合を話す。レンズ空間上のユニモジュラーなホロのミーから誘導される平坦ベクトル束に対して、Rumin複体の解析的捩率の値が、Betti数とRay-Singer捩率を用いて表されることを報告する。
[ 参考URL ]
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB

2021年11月26日(金)

談話会・数理科学講演会

15:30-16:30   オンライン開催
参加登録を締め切りました(11月26日12:00)。
Gang Tian 氏 (BICMR, Peking University)
Ricci flow on Fano manifolds (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
Ricci flow was introduced by Hamilton in early 80s. It preserves the Kahlerian structure and has found many applications in Kahler geometry. In this expository talk, I will focus on Ricci flow on Fano manifolds. I will first survey some results in recent years, then I will discuss my joint work with Li and Zhu. I will also discuss the connection between the long time behavior of Ricci flow and some algebraic geometric problems for Fano manifolds.

数理人口学・数理生物学セミナー

15:00-16:30   オンライン開催
中岡慎治 氏 (北海道大学大学院 先端生命科学研究院)
エネルギー地形に基づく構造化個体群モデルの構築

[ 講演概要 ]
細胞分化 (目の網膜細胞や外敵侵入を防ぐ免疫細胞など、体の各組織を構成する細胞へと変化する過程)や疾患発症を説明する上で、エネルギー地形の概念は幅広く用いられている。エネルギー地形を構成する計算方法によって、データから細胞分化や疾患発症の経路を推定することはできるが、その妥当性を保証する数学理論の整備はこれからの課題である。本講演では、あるエネルギー状態から年齢構造個体群モデルを導出できることを示す。また、エネルギー地形の観点から、細胞分化・発症経路を記述した構造化個体群モデルを解釈する方法について紹介する。
[ 参考URL ]
オンライン参加希望の方は,inaba@ms.u-tokyo.ac.jp までご連絡ください.

2021年11月25日(木)

応用解析セミナー

16:00-17:30   オンライン開催
清水雄貴 氏 (東大数理)
Euler方程式のカレント値弱解とその応用 (日本語)
[ 講演概要 ]
二次元非圧縮Euler方程式に対し,初期渦度がデルタ関数の線形結合で与えられる際の形式的な解は点渦系と呼ばれ,局在化した渦構造を持つ流体運動を記述する簡易モデルとして応用上重要である.しかしながら,点渦系はEuler流から派生して得られるモデルである以上,点渦系が数学的に適切な意味でEuler流となることを保障する必要がある.本講演ではEuler方程式に対し,カレント値弱解を定式化することで,点渦系がEuler方程式のカレント値弱解として正当化されることを紹介する.
[ 参考URL ]
https://forms.gle/xBAgncTERzYfauJE6

情報数学セミナー

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
AIの機械学習における分類とクラスタリング (Japanese)
[ 講演概要 ]
(Zoom参加のお申し込みは下記のURLから)
 今回は、教師あり学習の「分類」の中から、ロジスティック回帰と近傍法について述べる。ニューラルネットワークと共に、機械学習のアルゴリズムの基本が、ディープラーニングを究めるために重要であるため、その基礎について述べる。
 次に、教師なし学習としてのクラスタリングを取り上げ、アルゴリズムの例をとしては、k平均法と混合ガウス分布を取り上げる。さらに、次元の呪い、次元削減の1つの方法としての主成分分析について触れる。
 最後に、ニューラルネットワークからディープラーニングへの手順について述べた後、AIの実用例として、メディア、医療、交通渋滞予測、介護現場の省力化の例を示す。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1I3XD63V937BT_IoqRWBVN67goQAtbkSoIKs-6hfLUAM

2021年11月24日(水)

代数学コロキウム

17:00-18:00   オンライン開催
小原 和馬 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
On the formal degree conjecture for non-singular supercuspidal representations (Japanese)
[ 講演概要 ]
We prove the formal degree conjecture for non-singular supercuspidal representations based on Schwein's work proving the formal degree conjecture for regular supercuspidal representations. The main difference between our work and Schwein's work is that in non-singular case, the Deligne--Lusztig representations can be reducible, and the $S$-groups are not necessarily abelian. Therefore, we have to compare the dimensions of irreducible constituents of the Deligne--Lusztig representations and the dimensions of irreducible representations of $S$-groups.

諸分野のための数学研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) Zoomによるオンライン開催 号室
※ 通常の曜日と異なります。
長谷川 洋介 氏 (東京大学生産技術研究所)
乱流熱輸送現象の最適制御と複雑伝熱面の形状最適化 (日本語)
[ 講演概要 ]
本発表では、最適制御理論を乱流現象に応用することにより、工学的なニーズが高い、伝熱促進技術への応用事例を紹介する。最初に最適制御理論の概要を説明、その後、乱流の能動制御における制御入力の最適化、さらには形状最適化の研究事例を紹介する。

2021年11月23日(火)

Lie群論・表現論セミナー

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) on line号室
田中 雄一郎 氏 (東大数理)
簡約型実球部分群に対するカルタン分解について (Japanese)
[ 講演概要 ]
Gを実簡約型リー群とし、Hをその閉部分群とします。Gの極小放物型部分群が等 質空間G/H上に開軌道をもつとき、Hは実球部分群と呼ばれます。1995年に開催さ れた第3回整数論サマースクールにおきまして、小林俊行氏は「Hが簡約型の実球 部分群であればカルタン分解G=KAHが成り立つであろう」という予想を紹介しま した。本講演ではこの予想の証明についてお話させていただきたく思います。

< 前へ 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149150151152153154155156157158159160161162163164165166167168169170171 次へ >