過去の記録

過去の記録 ~11/11本日 11/12 | 今後の予定 11/13~

2010年05月28日(金)

古典解析セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
関口次郎 氏 (東京農工大)
一意化方程式の解について (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
はじめにこれまでに調べてきた3次元アフィン空間の17種類の単純型斎藤自由因子に沿って対数的極をもつ一意化方程式について概観する。つぎにこれらの斎藤自由因子の補空間の基本群と一意化方程式の関係を論じる。Type Biii)の場合に基本群が可換になる。この場合に一意化方程式の解を初等関数をつかって表示することを試みる。

2010年05月27日(木)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Catherine Oikonomides 氏 (東大数理)
The C*-algebra of codimension one foliations which are almost without holonomy (ENGLISH)

2010年05月26日(水)

統計数学セミナー

16:20-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 000号室
講演は試験的にITスタジオで行われます.002号室前にお越しください.
深澤 正彰 氏 (大阪大学 金融・保険教育研究センター)
R-Yuimaパッケージによるファイナンス高頻度データ解析とシミュレーション (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
ファイナンス高頻度データなど、必ずしも等間隔でサンプルされていない時系列データを効率的に処理するツールとして、R言語のzoo,
xtsそしてyuimaパッケージをチュートリアル的に紹介する。ヘッジ戦略のバックテストなどを例示する。またyuimaに実装されている新しい確率微分方程式モデルのシミュレーション法を理論的な利点とともに解説する。
[ 講演参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2010/02.html

PDE実解析研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)までの情報が掲載されております。
Giovanni Pisante 氏 (Department of Mathematics
Hokkaido University)
A SELECTION CRITERION FOR SOLUTIONS OF A
SYSTEM OF EIKONAL EQUATIONS
(ENGLISH)
[ 講演概要 ]
We deal with the system of eikonal equations |ðu/ðx1|=1, |ðu/ðx2|=1 in a planar Lipschitz domain with zero boundary condition. Exploiting the classical pyramidal construction introduced by Cellina, it is easy to prove that there exist infinitely many Lipschitz solutions. Then, the natural problem that has arisen in this framework is to find a way to select and characterize a particular meaningful class of solutions.
We propose a variational method to select the class of solutions which minimize the discontinuity set of the gradient. More precisely we select an optimal weighted measure for the jump set of the second derivatives of a given solution v of the system and we prove the existence of minimizers of the corresponding variational problem.

数値解析セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
松家敬介 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Existence and non-existence of global solutions for a discrete semilinear heat equation (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
本講演では藤田型半線形熱方程式のある離散化を報告する.藤田型半線形熱方程式の初期値問題に対して,時間大域解の存在及び非存在について藤田指数による結果が知られている.本講演で報告する離散化はこの藤田指数に関する結果を保つ離散化となっており,その様子を証明の概略とともに解説する.
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/utnas/

GCOEセミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
数値解析セミナー#003
松家 敬介 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Existence and non-existence of global solutions for a discrete semilinear heat equation (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
本講演では藤田型半線形熱方程式のある離散化を報告する.藤田型半線形熱方程式の初期値問題に対して,時間大域解の存在及び非存在について藤田指数による結果が知られている.本講演で報告する離散化はこの藤田指数に関する結果を保つ離散化となっており,その様子を証明の概略とともに解説する.
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/utnas/

2010年05月25日(火)

Lie群論・表現論セミナー

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
5月24日(月)-28日(金)に平賀氏の集中講義が行われます

平賀郁 氏
(京都大学)
On endoscopy, packets, and invariants (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
The theory of endoscopy came out of the Langlands functoriality and the trace formula.
In this talk, I will briefly explain what the endoscopy is, and talk about packet, formal degree and Whittaker normalization of transfer.
I would like to talk about the connection between these topics and the endoscopy.

2010年05月24日(月)

代数幾何学セミナー

16:40-18:10   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
上原 北斗 氏 (首都大学東京)
A counterexample of the birational Torelli problem via Fourier--Mukai transforms (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
We study the Fourier--Mukai numbers of rational elliptic surfaces. As
its application, we give an example of a pair of minimal 3-folds $X$
with Kodaira dimensions 1, $h^1(O_X)=h^2(O_X)=0$ such that they are
mutually derived equivalent, deformation equivalent, but not
birationally equivalent. It also supplies a counterexample of the
birational Torelli problem.

2010年05月19日(水)

諸分野のための数学研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
北海道大学のHPには、第1回(2005年6月22日)~第22回(2009年2月18日)までの情報が掲載されております。
水藤 寛 氏 (岡山大学大学院環境学研究科)
臨床医療診断に対する数理科学からのアプローチ (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
臨床医療診断の現場には、新たな数理的モデリングやそれを解く技術が必要とさ
れている現象が数多く存在する。その例として、(1)造影剤の濃度カーブを用い
た腎臓癌の転移危険性及び肝臓における血液灌流の評価、(2)大動脈瘤に対する
ステント治療の予後予測、について紹介する。前者は、血管からの造影剤の浸出
量データを常微分方程式で表現し、逆解析を用いて医学パラメータを同定するも
のである。後者は、個人差の大きい大動脈形状による血流の違いを数値シミュ
レーションによって求め、統計学的なクラスタリングと併せて予後を予測するも
のである。どちらも、モデリングにあたっては臨床医療の現場との緊密な連携が
重要で、結果の評価にあたっては医学的な観点からの検討が欠かせない。これら
の手順や困難な点、今後の展望などについて報告したい。

統計数学セミナー

15:00-16:10   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
吉田 朋広 氏 (東京大学)
確率過程の分散共分散構造推定およびYUIMAパッケージの適用 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
伊藤過程の分散および共分散構造の推定に関連した
極限定理と漸近展開について話す.
確率微分方程式に対する,統計解析とシミュレーションのための
統計パッケージYUIMAによる数値例も紹介する.
[ 講演参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2010/01.html

2010年05月18日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
門田 直之 氏 (大阪大学大学院理学研究科)
On roots of Dehn twists (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Let $t_{c}$ be the Dehn twist about a nonseparating simple closed curve
$c$ in a closed orientable surface. If a mapping class $f$ satisfies
$t_{c}=f^{n}$ in mapping class group, we call $f$ a root of $t_{c}$ of
degree $n$. In 2009, Margalit and Schleimer constructed roots of $t_{c}$.
In this talk, I will explain the data set which determine a root of
$t_{c}$ up to conjugacy. Moreover, I will explain the minimal and the
maximal degree.

Lie群論・表現論セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
B. Speh 氏 (Cornel University)
On the eigenvalues of the Laplacian on locally symmetric hyperbolic spaces (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
A famous Theorem of Selberg says that the non-zero eigenvalues of the Laplacian acting on functions on quotients of the upper half plane H by congruence subgroups of the integral modular group, are bounded away from zero, as the congruence subgroup varies. Analogous questions on Laplacians acting on differential forms of higher degree on locally symmetric spaces (functions may be thought of as differential forms of degree zero) have geometric implications for the cohomology of the locally symmetric space.

Let $X$ be the real hyperbolic n-space and $\\Gamma \\subset $ SO(n, 1) a congruence arithmetic subgroup. Bergeron conjectured that the eigenvalues of the Laplacian acting on the differential forms on $ X / \\Gamma $ are bounded from the below by a constant independent of the congruence subgroup. In the lecture I will show how one can use representation theory to show that this conjecture is true provided that it is true in the middle degree.

This is joint work with T.N. Venkataramana


2010年05月17日(月)

代数幾何学セミナー

16:40-18:10   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
尾高 悠志 氏 (京都大学数理解析研究所(RIMS))
On the GIT stability of Polarized Varieties (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Background:
Original GIT-stability notion for polarized variety is
"asymptotic stability", studied by Mumford, Gieseker etc around 1970s.
Recently a version appeared, so-called "K-stability", introduced by
Tian(1997) and reformulated by Donaldson(2002), by the way of seeking
the analogue of Kobayashi-Hitchin correspondence, which gives
"differential geometric" interpretation of "stability". These two have
subtle but interesting differences in dimension higher than 1.

Contents:
(1*) Any semistable (in any sense) polarized variety should have only
"semi-log-canonical" singularities. (Partly observed around 1970s)
(2) On the other hand, we proved some stabilities, which corresponds to
"Calabi conjecture", also with admitting mild singularities.

As applications these yield
(3*) Compact moduli spaces with GIT interpretations.
(4) Many counterexamples (as orbifolds) to folklore conjecture:
"K-stability implies asymptotic stability".

(*: Some technical points are yet to be settled.
Some parts for (1)(2) are available on arXiv:0910.1794.)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
田辺 正晴 氏 (東工大)
On the norm defined on the holomorphic maps of compact Riemann surfaces (JAPANESE)

2010年05月15日(土)

保型形式の整数論月例セミナー

13:30-16:00   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
成田 宏秋 氏 (熊本大学理学部数学教室) 13:30-14:30
Strict positivity of the central values of some Rankin-Selberg
L-functions (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
この講演では、荒川リフトというGSp(2)の内部形式上の保型形式に対する、
ある次数8のRankin-Selberg型のL関数の中心値が正となる例について紹介
する。このL関数は岡崎武生氏がGO(2,2)からのテータリフトにより
構成したGSp(2)上のparamodular形式のそれと一致する場合があり、
GSp(2)のRankin-Selberg型のL関数の中心値が正となる例も与える。
山内卓也 氏 (大阪府立大学総合教育研究機構) 15:00-16:00
超幾何層に付随するカラビヤウ多様体とその応用について (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
射影直線から3点を抜いた開曲線U上の階数1のある局所系の畳み込みを帰納的に繰り返すことで超幾何層を定義し、この局所系を中間次数(偶数次数のときはup to 代数的サイクル)に持つようなU上のカラビヤウ多様体の族の構成とその各ファイバーの潜在的保型性やUnit root formula など数論への応用を述べる。以上は都築暢夫氏(東北大学)との共同研究である。

2010年05月12日(水)

講演会

15:30-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
3回連続の最終回です。前2回より開始時間が早いのでご注意ください。
教室を変更しましたのでご注意ください。

Luc Illusie 氏 (東京大学/Paris南大学)
Independence of families of $\\ell$-adic representations and uniform constructibility (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
Let $k$ be a number field, $\\overline{k}$ an algebraic closure of $k$, $\\Gamma_k = \\mathrm{Gal}(\\overline{k}/k)$. A family of continuous homomorphisms $\\rho_{\\ell} : \\Gamma_k \\rightarrow G_{\\ell}$, indexed by prime numbers $\\ell$, where $G_{\\ell}$ is a locally compact $\\ell$-adic Lie group, is said to be independent if $\\rho(\\Gamma_k) = \\prod \\rho_{\\ell}(\\Gamma_k)$, where $\\rho = (\\rho_{\\ell}) : \\Gamma_k \\rightarrow \\prod G_{\\ell}$. Serre gave a criterion for such a family to become independent after a finite extension of $k$. We will explain Serre's criterion and show that it applies to families coming from the $\\ell$-adic cohomology (or cohomology with compact support) of schemes separated and of finite type over $k$. This application uses a variant of Deligne's generic constructibility theorem with uniformity in $\\ell$.

代数学コロキウム

17:30-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
松本 眞 氏 (東京大学数理科学研究科)
Differences between
Galois representations in outer-automorphisms
of the fundamental groups and those in automorphisms, implied by
topology of moduli spaces (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
Fix a prime l. Let C be a proper smooth geometrically connected curve over a number field K, and x be its closed point. Let Π denote the pro-l completion of the geometric fundamental group of C with geometric base point over x. We have two non-abelian Galois representations:

ρA : Galk(x) → Aut(Π),ρO : GalK → Out(Π).

Our question is: in the natural inclusion Ker(ρA) ⊂ Ker(ρO) ∩ Galk(x), whether the equality holds or not. Theorem: Assume that g ≥ 3, l divides 2g -2. Then, there are infinitely many pairs (C, K) with the following property. If l does not divide the extension degree [k(x): K], then Ker(ρA) = (Ker(ρO) ∩ Galk(x)) holds.

This is in contrast to the case of the projective line minus three points and its canonical tangential base points, where the equality holds (a result of Deligne and Ihara).

There are two ingredients in the proof: (1) Galois representations often contain the image of the geometric monodromy (namely, the mapping class group) [M-Tamagawa 2000] (2) A topological result [S. Morita 98] [Hain-Reed 2000] on the cohomological obstruction of lifting the outer action of the mapping class group to automorphisms.

(This lecture is held as `Arithmetic Geometry Seminar Tokyo-Paris' and it is transmitted to IHES by the internet.)

PDE実解析研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)までの情報が掲載されております。
Jean-Pierre Puel 氏 (Graduate School of Mathematical Sciences
The University of Tokyo)
Exact controllability for incompressible fluids (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
After a short presentation of J.-M. Coron's results for Euler equation, we will give the good notions of controllability for Navier-Stokes equations, namely the exact controllability to trajectories.
We will outline the strategy for obtaining local results, based on a fixed point argument following the study of null controllability for the linearized problem. This is equivalent to an observability inequality for the adjoint system, which requires a global Carleman estimate for linearized Navier-Stokes equations. We will explain this estimate and the different steps for obtaining it along the lines of the articles by E.Fernadez-Cara, S.Guerrero, O.Imanuvilov and J.-P.Puel (JMPA, 2004) and M.Gonzalez-Burgos, S.Guerrero and J.-P.Puel (CPAA, 2009).
We will end up with some important open problems.

数値解析セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
荻田武史 氏 (東京女子大学現代教養学部)
悪条件行列の高精度な分解法とその応用 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
与えられた行列の条件数が非常に大きい場合,基本精度(倍精度演算など)による演算で通常の行列分解アルゴリズム(LU分解,固有値分解など)を実行しても,精度の良い結果を得ることはできない.本講演では,そのような行列に対しても,基本精度による演算だけを用いて精度の良い結果を得ることができるロバストなアルゴリズムを紹介する.
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/utnas/

GCOEセミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
数値解析セミナー#002
荻田 武史 氏 (東京女子大学現代教養学部)
悪条件行列の高精度な分解法とその応用 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
与えられた行列の条件数が非常に大きい場合,基本精度(倍精度演算など)による演算で通常の行列分解アルゴリズム(LU分解,固有値分解など)を実行しても,精度の良い結果を得ることはできない.本講演では,そのような行列に対しても,基本精度による演算だけを用いて精度の良い結果を得ることができるロバストなアルゴリズムを紹介する.
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/utnas/

2010年05月11日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
河澄 響矢 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
The logarithms of Dehn twists (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
We establish an explicit formula for the action of (non-separating and
separating) Dehn twists on the complete group ring of the fundamental group of a
surface. It generalizes the classical transvection formula on the first homology.
The proof is involved with a homological interpretation of the Goldman
Lie algebra. This talk is based on a jointwork with Yusuke Kuno (Hiroshima U./JSPS).

Lie群論・表現論セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
松本久義 氏 (東京大学)
On a finite $W$-algebra module structure on the space of
continuous Whittaker vectors for an irreducible Harish-Chandra module (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
Let $G$ be a real reductive Lie group. The space of continuous Whittaker vectors for an irreducible Harish-Chandra module has a structure of a module over a finite $W$-algebra. We have seen such modules are irreducible for groups of type A. However, there is a counterexample to the naive conjecture. We discuss a refined version of the conjecture and further examples in this talk.

2010年05月10日(月)

代数幾何学セミナー

16:40-18:10   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
三浦 真人 氏 (東大数理)
Grassmann多様体のトーリック退化とミラー対称性 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Grassmann多様体のトーリック退化と、
それを用いたGrassmann多様体の完全交叉カラビ・ヤウ多様体に対するミラー構
成について説明する。
とくに、項順序によるトーリック退化に着目すれば、
座標環が一様斉次なsagbi基底を持つように項順序を選ぶ必要がある。
A型Grassmann多様体やスピノル多様体などの例に関してこの条件を考察する。

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
松本 佳彦 氏 (東大数理)
ACH-Einstein計量の漸近展開と半可積分概CR多様体上のある不変テンソル場 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
強擬凸な半可積分(partially-integrable)概CR多様体を非コンパクト完備Riemann空間の無限遠境界ととらえて調べるため、ACH-Einstein方程式を考察する。その解は、境界に沿った(空間の次元によって決まる)あるオーダーのジェットとしては、境界を保つ微分同相の作用による任意性を除き一意的に存在する。さらに高次の解を対数特異性を含まない範囲で構成するにあたっては一般には障害があり、それは境界上のある局所不変テンソル場を与えることを説明する。その不変テンソル場の持つ性質についても触れる。

2010年05月07日(金)

講演会

16:00-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
3回連続の第2回です。最終回は、5月12日(水)3時半から5時で、部屋は同じく056です。

Luc Illusie 氏 (東京大学/Paris南大学)
Independence of families of $\\ell$-adic representations and uniform constructibility
[ 講演概要 ]
Let $k$ be a number field, $\\overline{k}$ an algebraic closure of $k$, $\\Gamma_k = \\mathrm{Gal}(\\overline{k}/k)$. A family of continuous homomorphisms $\\rho_{\\ell} : \\Gamma_k \\rightarrow G_{\\ell}$, indexed by prime numbers $\\ell$, where $G_{\\ell}$ is a locally compact $\\ell$-adic Lie group, is said to be independent if $\\rho(\\Gamma_k) = \\prod \\rho_{\\ell}(\\Gamma_k)$, where $\\rho = (\\rho_{\\ell}) : \\Gamma_k \\rightarrow \\prod G_{\\ell}$. Serre gave a criterion for such a family to become independent after a finite extension of $k$. We will explain Serre's criterion and show that it applies to families coming from the $\\ell$-adic cohomology (or cohomology with compact support) of schemes separated and of finite type over $k$. This application uses a variant of Deligne's generic constructibility theorem with uniformity in $\\ell$.

< 前へ 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145146147148149 次へ >