今後の予定

過去の記録 ~09/30本日 10/01 | 今後の予定 10/02~

2022年10月04日(火)

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:30   オンライン開催
参加を希望される場合は、セミナーのホームページから参加登録を行って下さい。
原子 秀一 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Orientable rho-Q-manifolds and their modular classes (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
A rho-commutative algebra, or an almost commutative algebra, is a graded algebra whose commutativity is given by a function called a commutation factor. It is one generalization of a commutative algebra or a superalgebra. We obtain a rho-Lie algebra, or an epsilon-Lie algebra, by a similar generalization of a Lie algebra. On the other hand, we have the modular class of an orientable Q-manifold. Here, a Q-manifold is a supermanifold with an odd vector field whose Lie bracket with itself vanishes, and its orientability is described in terms of the Berezinian bundle. In this talk, we introduce the concept of a rho-manifold, which is a graded manifold whose functional algebra is a rho-commutative algebra, then we show that we can define Q-structures, Berezinian bundle, volume forms, and modular classes of a rho-manifold with some examples.
[ 参考URL ]
https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/MSF/topology/TuesdaySeminar/index_e.html

2022年10月05日(水)

代数幾何学セミナー

13:00-14:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
今学期より対面ハイブリッドでセミナーを再開します。本セミナーは京大と共催です。オンライン情報はメーリングリストで公開しています。
Yuri Tschinkel 氏 (Mathematics and Physical Sciences Division, Simons Foundation/ Courant Institute, New York University)
Equivariant birational geometry (joint with A. Kresch) (English)
[ 講演概要 ]
Ideas from motivic integration led to the introduction of new invariants in equivariant birational geometry, the study of actions of finite groups on algebraic varieties, up to equivariant birational transformations.
These invariants allow us to distinguish actions in many new cases, shedding light on the structure of the Cremona group. The structure of the invariants themselves is also interesting: there are unexpected connections to modular curves and cohomology of arithmetic groups.

2022年10月06日(木)

情報数学セミナー

16:50-18:35   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
岡本 龍明 氏 (NTT)
組織化された複雑性の新しい定量的定義について (Japanese)
[ 講演概要 ]
科学が扱う問題は、複雑性の観点で大きく3つに大別される。一つは、「単純な」問題で、これは数個の物体の力学的運動を扱うような問題である。もう一つは、「組織化されていない複雑な」問題で、ランダムに運動する非常に多数の分子の集団を扱うような問題である。最後が、「組織化された複雑な」問題で、生物や人間社会のように複雑に組織化された構成要素の集団を扱うような問題である。そのような問題の複雑さの度合いを「定量的に定義」することは大変重要な課題である。「組織化されていない複雑な」問題では、「エントロピー」がその複雑性の定量的な定義としてすでに確立している。一方、「組織化された複雑な」問題に対しては、いまだに広く受け入れられている定量的定義は確立されていない。本講演では、まず「組織化された複雑な問題」について従来提案された様々な定量的定義の問題点について述べる。次に、最近発表された新しい定量的な定義を紹介し、それが従来の定義の問題点をすべて解決していることを述べる。さらにその定義をどのように応用するかについて紹介する。なお、この講演は以下の論文に基づく。
Tatsuaki Okamoto, ‘‘A New Quantitative Definition of the Complexity of Organized Matters,’’ Complexity, Volume 2022, Article ID 1889348 (2022)
https://www.hindawi.com/journals/complexity/2022/1889348/

2022年10月11日(火)

作用素環セミナー

16:45-18:15   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
武石拓也 氏 (京都工芸繊維大)
Constructing number field isomorphisms from *-isomorphisms of certain crossed product C*-algebras
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:00   オンライン開催
参加を希望される場合は、セミナーのホームページから参加登録を行って下さい。
浅尾 泰彦 氏 (福岡大学)
Magnitude homology of graphs (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Magnitude is introduced by Leinster in 00’s as an ``Euler characteristic of metric spaces”. It is defined for the metric structure itself rather than the topology induced from the metric. Magnitude homology is a categorification of magnitude in a sense that ordinary homology categorifies the Euler characteristic. The speaker’s interest is in geometric meaning of this theory. In this talk, after an introduction to basic ideas, I will explain that magnitude truly extends the Euler characteristic. From this perspective, magnitude homology can be seen as one of the categorification of the Euler characteristic, and the path homology (Grigor’yan—Muranov—Lin—S-T. Yau et.al) appears as a part of another one. These structures are aggregated in a spectral sequence obtained from the classifying space of "filtered set enriched categories" which includes ordinary small categories and metric spaces.
[ 参考URL ]
https://park.itc.u-tokyo.ac.jp/MSF/topology/TuesdaySeminar/index_e.html

2022年10月12日(水)

代数学コロキウム

17:00-18:00   ハイブリッド開催
数理科学研究科所属以外の方は、オンラインでのご参加をお願いいたします。
Abhinandan 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Syntomic complex with coefficients (English)
[ 講演概要 ]
In the proof of $p$-adic crystalline comparison theorem, one of the most important steps in the approach of Fontaine and Messing is to establish a comparison between syntomic cohomology and p-adic étale cohomology via (Fontaine-Messing) period map. This approach was successfully generalized to the semistable case by Kato and a complete proof of crystalline and semistable comparison theorems for schemes was given by Tsuji. Few years ago, Colmez and Nizioł gave a new interpretation of the (local) Fontaine-Messing period map in terms of complexes of $(\varphi,\Gamma)$-modules and used it to prove semistable comparison theorem for $p$-adic formal schemes. We will present a generalisation (of crystalline version of this interpretation by Colmez and Nizioł) to coefficients arising from relative Fontaine-Laffaille modules of Faltings (on syntomic side) and relative Wach modules introduced by the speaker (on $(\varphi,\Gamma)$-module side).

2022年10月13日(木)

情報数学セミナー

16:50-18:20   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
駒野 雄一 氏 (株式会社東芝)
暗号実装への攻撃と対策の数理 (Japanese)
[ 講演概要 ]
暗号方式の安全性が数学的に保証されていても、暗号方式を実装した暗号製品に対して、暗号演算中に観測される情報(サイドチャネル情報)を解析することにより、暗号製品内部で処理される秘密情報を推定(攻撃)することができる。このような攻撃はサイドチャネル攻撃と呼ばれ、暗号製品から観測される処理時間や消費電力などを用いる攻撃やそれへの対策手法が数多く提案されている。本講演では、サイドチャネル攻撃とその対策の原理を数学的な視点から紹介する。

2022年10月18日(火)

作用素環セミナー

16:45-18:15   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Valerio Proietti 氏 (東大数理)
未定 (English)
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

2022年10月24日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
対面・オンラインのハイブリッド形式で行います。オンライン参加される場合は参考URLからご登録ください。
藤澤 太郎 氏 (東京電機大学)
TBA (Japanese)
[ 講演概要 ]
TBA
[ 参考URL ]
https://forms.gle/hYT2hVhDE3q1wDSh6

2022年10月31日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
対面・オンラインのハイブリッド形式で行います。オンライン参加される場合は参考URLからご登録ください。
井上 瑛二 氏 (理化学研究所)
TBA (Japanese)
[ 講演概要 ]
TBA
[ 参考URL ]
https://forms.gle/hYT2hVhDE3q1wDSh6

2022年11月01日(火)

作用素環セミナー

16:45-18:15   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
石倉宙樹 氏 (東大数理)
Permutation stability of finitely generated free metabelian groups
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

2022年11月08日(火)

作用素環セミナー

16:45-18:15   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
有本諒也 氏 (京大数理研)
On the type of the von Neumann algebra of an open subgroup of the Neretin group
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/tokyo-seminar.htm

2022年11月14日(月)

複素解析幾何セミナー

15:00-16:30   オンライン開催
オンラインのみで、通常とは開始時間が異なっております。参加の際は参考URLからご登録ください。
宮地 秀樹 氏 (金沢大学)
TBA (Japanese)
[ 講演概要 ]
TBA
[ 参考URL ]
https://forms.gle/hYT2hVhDE3q1wDSh6

2022年11月21日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
対面・オンラインのハイブリッド形式で行います。オンライン参加される場合は参考URLからご登録ください。
神本 丈 氏 (九州大学)
Resolution of singularities for $C^{\infty}$ functions and meromorphy of local zeta functions (Japanese)
[ 講演概要 ]
In this talk, we attempt to resolve the singularities of the zero variety of a $C^{\infty}$ function of two variables as much as possible by using ordinary blowings up. As a result, we formulate an algorithm to locally express the zero variety in the “almost” normal crossings form, which is close to the normal crossings form but may include flat functions. As an application, we investigate analytic continuation of local zeta functions associated with  $C^{\infty}$ functions of two variables.
[ 参考URL ]
https://forms.gle/hYT2hVhDE3q1wDSh6

2022年11月22日(火)

代数幾何学セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
90分ハイブリッド開催です。
谷本祥 氏 (名古屋多元)
TBA (日本語)
[ 講演概要 ]
TBA

2022年12月05日(月)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
対面・オンラインのハイブリッド形式で行います。オンライン参加される場合は参考URLからご登録ください。
菊池 翔太 氏 (鈴鹿工業高等専門学校)
TBA (Japanese)
[ 講演概要 ]
TBA
[ 参考URL ]
https://forms.gle/hYT2hVhDE3q1wDSh6

2023年01月10日(火)

代数幾何学セミナー

10:30-11:30/12:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
東谷 章弘 氏 (大阪大情報)
TAB (日本語)
[ 講演概要 ]
TBA