過去の記録

過去の記録 ~08/17本日 08/18 | 今後の予定 08/19~

数値解析セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
松本純一 氏 (産業技術総合研究所)
直交基底気泡関数有限要素法による流体解析と応用計算 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
本講演では、気泡関数要素を使用した有限要素解析において質量行列の近似(集中化)を行わずに、質量行列が自然に対角行列となる気泡関数要素(直交基底気泡関数要素)による安定化手法を解説し、非圧縮流、圧縮性流れ、浅水長波流れ、気液二相流れなどの流体解析および形状最適化問題、アダプティブ有限要素法への適用例について紹介する。
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/saito/

GCOEセミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
数値解析セミナー#004
松本 純一 氏 (産業技術総合研究所)
直交基底気泡関数有限要素法による流体解析と応用計算 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
本講演では、気泡関数要素を使用した有限要素解析において質量行列の近似(集中化)を行わずに、質量行列が自然に対角行列となる気泡関数要素(直交基底気泡関数要素)による安定化手法を解説し、非圧縮流れ、圧縮性流れ、浅水長波流れ、気液二相流れなどの流体解析および形状最適化問題、アダプティブ有限要素法への適用例について紹介する。
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/utnas/

統計数学セミナー

15:00-16:10   数理科学研究科棟(駒場) 000号室
鎌谷 研吾 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Weak convergence of Markov chain Monte Carlo method and its application to Yuima (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
マルコフチェインモンテカルロ(MCMC)法の収束を MCMC法の弱収束の観点から論じる.とくに,MCMC法に対する マルコチェインのエルゴード性からのアプローチとの比較を行う. これらの収束理論の紹介とともに,幾つかの数値実験を統計ソフトフェアRを用いて考察する. また,MCMC法の弱収束とYuimaパッケージに実装されているadaBayes関数との関連を論じる.

本講演は実験的に東大数理のITスタジオで行われます.講演開始前に002教室前にお越しください.
[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2010/03.html

2010年06月08日(火)

Lie群論・表現論セミナー

17:00-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
金行壮二 氏 (Sophia University)
Automorphism groups of causal Makarevich spaces (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Let G^ be a simple Lie group of Hermitian type and U^ be a maximal parabolic subgroup of G^ with abelian nilradical. The flag manifold M^= G^/ U^ is the Shilov
boundary of an irreducible bounded symmetric domain of tube type. M^ has the G-invariant causal structure. A causal Makarevich space is, by definition, an open symmetric G-orbit M in M^, endowed with the causal structure induced from that
of the ambient space M^, G being a reductive subgroup of G^. All symmetric cones fall in the class of causal Makarevich spaces.
In this talk, we determine the causal automorphism groups of all causal Makarevich spaces.

2010年06月07日(月)

代数幾何学セミナー

16:40-18:10   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
Xavier Roulleau 氏 (東大数理)
Genus 2 curve configurations on Fano surfaces (ENGLISH)

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
久本 智之 氏 (東大数理)
部分多様体に沿ったBergman核の漸近展開 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
射影多様体上の正則直線束があると, 各部分多様体に沿ったBergman核が定義される. 正則直線束のテンソル冪を繰り返し取っていったとき, 対応するBergman核の漸近的振る舞いを調べることは切断の拡張問題と密接な関係がある. 今回の話では漸近展開の主要部を特定し, 拡張問題への応用について触れる.

2010年06月03日(木)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
山下真 氏 (東大数理)
Fixed Points in the Stone-Cech boundary of Groups (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
We discuss the class of discrete groups which admit fixed points under the adjoint action on the Stone-Cech boundary. Such groups have vanishing $L^2$-Betti numbers, and nonamenable ones fail to have property (AO).

GCOEレクチャーズ

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 470号室
Birgit Speh 氏 (Cornel University)
Introduction to the cohomology of locally symmetric spaces 2
(ENGLISH)
[ 講演概要 ]
I will give an introduction to the cohomology of noncompact locally symmetric spaces $X_\\Gamma =K \\backslash G / \\Gamma $.
If $X_\\Gamma $ is cocompact this cohomology can be expressed as the $(\\bg,K) $-cohomology of automorphic representations. I will explain how representation theory and automorphic forms can be used to study the cohomology in this case.

[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~toshi/seminar/ut-seminar.html

2010年06月02日(水)

代数学コロキウム

16:30-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
富安亮子 氏 (高エネルギー加速器研究機構)
On some algebraic properties of CM-types of CM-fields and their
reflex fields (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Shimura and Taniyama proved in their theory of complex
multiplication that the moduli of abelian varieties of a CM-type and their
torsion points generate an abelian extension, not of the field of complex
multiplication, but of a reflex field of the field. In this talk, I
introduce some algebraic properties of CM-types, half norm maps that might
shed new light on reflex fields.

For a CM-field $K$ and its Galois closure $K^c$ over the rational field $Q$,
there is a canonical embedding of $Gal (K^c/Q)$ into $(Z/2Z)^n \\rtimes S_n$.
Using properties of the embedding, a set of CM-types $\\Phi$ of $K$ and their
dual CM-types $(K, \\Phi)$ is equipped with a combinatorial structure. This
makes it much easier to handle a whole set of CM-types than an individual
CM-type.

I present a theorem that shows the combinatorial structure of the dual
CM-types is isomorphic to that of a Pfister form.

2010年06月01日(火)

トポロジー火曜セミナー

17:00-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:30 - 17:00 コモンルーム
足助 太郎 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
On Fatou-Julia decompositions (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
We will explain that Fatou-Julia decompositions can be
introduced in a unified manner to several kinds of one-dimensional
complex dynamical systems, which include the action of Kleinian groups,
iteration of holomorphic mappings and complex codimension-one foliations.
In this talk we will restrict ourselves mostly to the cases where the
dynamical systems have a certain compactness, however, we will mention
how to deal with dynamical systems without compactness.

GCOEレクチャーズ

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
Birgit Speh 氏 (Cornel University)
Introduction to the cohomology of locally symmetric spaces
(ENGLISH)
[ 講演概要 ]
I will give an introduction to the cohomology of noncompact locally symmetric spaces $X_\\Gamma =K \\backslash G / \\Gamma $.
If $X_\\Gamma $ is cocompact this cohomology can be expressed as the $(g,K)$-cohomology of automorphic representations. I will explain how representation theory and automorphic forms can be used to study the cohomology in this case.
[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~toshi/seminar/ut-seminar.html

2010年05月31日(月)

代数幾何学セミナー

16:40-18:10   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
金沢 篤 氏 (東大数理)
On Pfaffian Calabi-Yau Varieties and Mirror Symmetry (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
We construct new smooth CY 3-folds with 1-dimensional Kaehler moduli and
determine their fundamental topological invariants. The existence of CY
3-folds with the computed invariants was previously conjectured. We then
report mirror symmetry for these non-complete intersection CY 3-folds.
We explicitly build their mirror partners, some of which have 2 LCSLs,
and carry out instanton computations for g=0,1.

複素解析幾何セミナー

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
吉川 謙一 氏 (京大理)
Singularities and analytic torsion (JAPANESE)

2010年05月28日(金)

古典解析セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
関口次郎 氏 (東京農工大)
一意化方程式の解について (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
はじめにこれまでに調べてきた3次元アフィン空間の17種類の単純型斎藤自由因子に沿って対数的極をもつ一意化方程式について概観する。つぎにこれらの斎藤自由因子の補空間の基本群と一意化方程式の関係を論じる。Type Biii)の場合に基本群が可換になる。この場合に一意化方程式の解を初等関数をつかって表示することを試みる。

2010年05月27日(木)

作用素環セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Catherine Oikonomides 氏 (東大数理)
The C*-algebra of codimension one foliations which are almost without holonomy (ENGLISH)

2010年05月26日(水)

統計数学セミナー

16:20-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 000号室
講演は試験的にITスタジオで行われます.002号室前にお越しください.
深澤 正彰 氏 (大阪大学 金融・保険教育研究センター)
R-Yuimaパッケージによるファイナンス高頻度データ解析とシミュレーション (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
ファイナンス高頻度データなど、必ずしも等間隔でサンプルされていない時系列データを効率的に処理するツールとして、R言語のzoo,
xtsそしてyuimaパッケージをチュートリアル的に紹介する。ヘッジ戦略のバックテストなどを例示する。またyuimaに実装されている新しい確率微分方程式モデルのシミュレーション法を理論的な利点とともに解説する。
[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2010/02.html

PDE実解析研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)までの情報が掲載されております。
Giovanni Pisante 氏 (Department of Mathematics
Hokkaido University)
A SELECTION CRITERION FOR SOLUTIONS OF A
SYSTEM OF EIKONAL EQUATIONS
(ENGLISH)
[ 講演概要 ]
We deal with the system of eikonal equations |ðu/ðx1|=1, |ðu/ðx2|=1 in a planar Lipschitz domain with zero boundary condition. Exploiting the classical pyramidal construction introduced by Cellina, it is easy to prove that there exist infinitely many Lipschitz solutions. Then, the natural problem that has arisen in this framework is to find a way to select and characterize a particular meaningful class of solutions.
We propose a variational method to select the class of solutions which minimize the discontinuity set of the gradient. More precisely we select an optimal weighted measure for the jump set of the second derivatives of a given solution v of the system and we prove the existence of minimizers of the corresponding variational problem.

数値解析セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
松家敬介 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Existence and non-existence of global solutions for a discrete semilinear heat equation (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
本講演では藤田型半線形熱方程式のある離散化を報告する.藤田型半線形熱方程式の初期値問題に対して,時間大域解の存在及び非存在について藤田指数による結果が知られている.本講演で報告する離散化はこの藤田指数に関する結果を保つ離散化となっており,その様子を証明の概略とともに解説する.
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/utnas/

GCOEセミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
数値解析セミナー#003
松家 敬介 氏 (東京大学大学院数理科学研究科)
Existence and non-existence of global solutions for a discrete semilinear heat equation (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
本講演では藤田型半線形熱方程式のある離散化を報告する.藤田型半線形熱方程式の初期値問題に対して,時間大域解の存在及び非存在について藤田指数による結果が知られている.本講演で報告する離散化はこの藤田指数に関する結果を保つ離散化となっており,その様子を証明の概略とともに解説する.
[ 講演参考URL ]
http://www.infsup.jp/utnas/

2010年05月25日(火)

Lie群論・表現論セミナー

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
5月24日(月)-28日(金)に平賀氏の集中講義が行われます

平賀郁 氏
(京都大学)
On endoscopy, packets, and invariants (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
The theory of endoscopy came out of the Langlands functoriality and the trace formula.
In this talk, I will briefly explain what the endoscopy is, and talk about packet, formal degree and Whittaker normalization of transfer.
I would like to talk about the connection between these topics and the endoscopy.

2010年05月24日(月)

代数幾何学セミナー

16:40-18:10   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
上原 北斗 氏 (首都大学東京)
A counterexample of the birational Torelli problem via Fourier--Mukai transforms (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
We study the Fourier--Mukai numbers of rational elliptic surfaces. As
its application, we give an example of a pair of minimal 3-folds $X$
with Kodaira dimensions 1, $h^1(O_X)=h^2(O_X)=0$ such that they are
mutually derived equivalent, deformation equivalent, but not
birationally equivalent. It also supplies a counterexample of the
birational Torelli problem.

2010年05月19日(水)

諸分野のための数学研究会

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
北海道大学のHPには、第1回(2005年6月22日)~第22回(2009年2月18日)までの情報が掲載されております。
水藤 寛 氏 (岡山大学大学院環境学研究科)
臨床医療診断に対する数理科学からのアプローチ (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
臨床医療診断の現場には、新たな数理的モデリングやそれを解く技術が必要とさ
れている現象が数多く存在する。その例として、(1)造影剤の濃度カーブを用い
た腎臓癌の転移危険性及び肝臓における血液灌流の評価、(2)大動脈瘤に対する
ステント治療の予後予測、について紹介する。前者は、血管からの造影剤の浸出
量データを常微分方程式で表現し、逆解析を用いて医学パラメータを同定するも
のである。後者は、個人差の大きい大動脈形状による血流の違いを数値シミュ
レーションによって求め、統計学的なクラスタリングと併せて予後を予測するも
のである。どちらも、モデリングにあたっては臨床医療の現場との緊密な連携が
重要で、結果の評価にあたっては医学的な観点からの検討が欠かせない。これら
の手順や困難な点、今後の展望などについて報告したい。

統計数学セミナー

15:00-16:10   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
吉田 朋広 氏 (東京大学)
確率過程の分散共分散構造推定およびYUIMAパッケージの適用 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
伊藤過程の分散および共分散構造の推定に関連した
極限定理と漸近展開について話す.
確率微分方程式に対する,統計解析とシミュレーションのための
統計パッケージYUIMAによる数値例も紹介する.
[ 講演参考URL ]
http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2010/01.html

2010年05月18日(火)

トポロジー火曜セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Tea: 16:00 - 16:30 コモンルーム
門田 直之 氏 (大阪大学大学院理学研究科)
On roots of Dehn twists (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Let $t_{c}$ be the Dehn twist about a nonseparating simple closed curve
$c$ in a closed orientable surface. If a mapping class $f$ satisfies
$t_{c}=f^{n}$ in mapping class group, we call $f$ a root of $t_{c}$ of
degree $n$. In 2009, Margalit and Schleimer constructed roots of $t_{c}$.
In this talk, I will explain the data set which determine a root of
$t_{c}$ up to conjugacy. Moreover, I will explain the minimal and the
maximal degree.

Lie群論・表現論セミナー

16:30-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 126号室
B. Speh 氏 (Cornel University)
On the eigenvalues of the Laplacian on locally symmetric hyperbolic spaces (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
A famous Theorem of Selberg says that the non-zero eigenvalues of the Laplacian acting on functions on quotients of the upper half plane H by congruence subgroups of the integral modular group, are bounded away from zero, as the congruence subgroup varies. Analogous questions on Laplacians acting on differential forms of higher degree on locally symmetric spaces (functions may be thought of as differential forms of degree zero) have geometric implications for the cohomology of the locally symmetric space.

Let $X$ be the real hyperbolic n-space and $\\Gamma \\subset $ SO(n, 1) a congruence arithmetic subgroup. Bergeron conjectured that the eigenvalues of the Laplacian acting on the differential forms on $ X / \\Gamma $ are bounded from the below by a constant independent of the congruence subgroup. In the lecture I will show how one can use representation theory to show that this conjecture is true provided that it is true in the middle degree.

This is joint work with T.N. Venkataramana


< 前へ 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138 次へ >