複素解析幾何セミナー

過去の記録 ~04/19次回の予定今後の予定 04/20~

開催情報 月曜日 10:30~12:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 平地 健吾, 高山 茂晴

過去の記録

2011年06月20日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
阿部 誠 氏 (広島大学)
シュタイン空間内の岡・グラウエルトの原理をみたす領域 (JAPANESE)

2011年06月13日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
大沢 健夫 氏 (名古屋大学)
On the complement of effective divisors with semipositive normal bundle (JAPANESE)

2011年06月06日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
篠原知子 氏 (都立産業技術高専)
An invariant surface of a fixed indeterminate point for rational mappings (JAPANESE)

2011年05月30日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
山盛厚伺 氏 (明治大学)
On the Forelli-Rudin construction and explicit formulas of the Bergman kernels (JAPANESE)

2011年05月16日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
甲斐千舟 氏 (金沢大学)
正則凸錐の順序同型写像の線型性 (JAPANESE)

2011年05月09日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
野口潤次郎 氏 (東大数理)
Order of meromorphic maps and rationality of the image space (JAPANESE)

2011年04月25日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
林本厚志 氏 (長野工業高等専門学校)
擬楕円体のCR写像の分類についての一考察 (JAPANESE)

2011年04月18日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
松村慎一 氏 (東大数理)
Asymptotic cohomology vanishing and a converse of the Andreotti-Grauert theorem on surface (JAPANESE)

2011年04月11日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
田島慎一 氏 (筑波大学)
レゾルベントの代数解析と行列の exact なスペクトル分解アルゴリズム (JAPANESE)

2011年01月31日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Damian Brotbek 氏 (Rennes Univ.)
Varieties with ample cotangent bundle and hyperbolicity (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
Varieties with ample cotangent bundle satisfy many interesting properties and are supposed to be abundant, however relatively few concrete examples are known. In this talk we will construct such examples as complete intersection surfaces in projective space, and explain how this problem is related to the study of hyperbolicity properties for hypersurfaces.

2011年01月24日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
加藤 昌英 氏 (上智大学)
Toward a complex analytic 3-dimensional Kleinian group theory (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
1次元射影変換群の離散部分群はクライン群理論として複素解析的にも微分幾何学的にも長く深く研究されてきた。この理論の高次元化は、微分幾何学的には発展したが、複素解析的にはあまり進んでいないように思う。複素2次元ではうまくいかないが、ここでは複素3次元の複素解析的なクライン群理論の試みについて述べたいと思う。

2011年01月17日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
野瀬 敏洋 氏 (九大数理)
Asymptotics of the Bergman function for semipositive holomorphic line bundles (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
In this talk, an asymptotic expansion of the Bergman function at a degenerate point is given for high powers of semipositive holomorphic line bundles on compact Kahler manifolds, whose Hermitian metric has some kind of quasihomogeneous properties. In the sence of pointwise asymptotics, This expansion is a generalization of the expansion of Tian-Zelditch-Catlin-Lu in the positive line bundle case.

2010年12月20日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
山口 博史 氏 (滋賀大学*)
ホップ曲面の擬凸状領域について (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
2つの複素数a, b (1<|a|\\le|b|)に関するホップ曲面をHとする. Hの実解析的滑らかな境界を持つ擬凸状領域Dのロバン函数 ¥Lambda[z,w] は多重劣調和近似函数であることを示し, 上田の予想について述べる.

2010年12月13日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
山ノ井 克俊 氏 (東工大理工)
第二主要定理の等式評価 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
有理型関数の第二主要定理は有理関数に対するリーマン・フルヴィッツの公式の拡張とみなすことができるが、リーマン・フルヴィッツの公式は等式であるのに対して、第二主要定理は不等式である、という大きな違いもある.そこで第二主要定理を等式にする一つの方法について議論する.

2010年12月06日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
小野 肇 氏 (東京理科大)
偏極トーリック多様体のチャウ半安定性について (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
偏極多様体の幾何学的不変式論の意味での安定性は、定スカラー曲率ケーラー計量の存在問題と密接に関係している。例えばDonaldsonは、自己同型群が離散群である場合に、定スカラー曲率ケーラー多様体は漸近的チャウ安定であることを示した。本講演では滑らかなトーリック偏極多様体がチャウ半安定であるための必要条件をいくつか紹介する。その応用として、漸近的チャウ不安定なトーリックケーラー・アインシュタイン多様体が存在することがわかる。

2010年11月15日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
諏訪 立雄 氏 (北大理*)
Excess intersections and residues in improper dimension (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
This talk concerns localization of characteristic classes and associated residues, in the context of intersection theory and residue theory of singular holomorphic foliations. The localization comes from the vanishing of certain characteristic forms, usually caused by the existence of some geometric object, away from the "singular set" of the object. This gives rise to residues in the homology of the singular set and residue theorems relating local and global invariants. In the generic situation, i.e., if the dimension of the singular set is "proper", we have a reasonable understanding of the residues. We indicate how to cope with the problem when the dimension is "excessive" (partly a joint work with F. Bracci).

2010年11月08日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
辻 元 氏 (上智大学)
Variation of canonical measures under Kaehler deformations (JAPANESE)

2010年10月26日(火)

13:00-14:30   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
Dan Popovici 氏 (Toulouse)
Limits of Moishezon Manifolds under Holomorphic Deformations (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
We prove that if all the fibres, except one, of a holomorphic family of compact complex manifolds are supposed to be Moishezon (i.e. bimeromorphic to projective manifolds), then the remaining (limit) fibre is again Moishezon. The two ingredients of the proof are the relative Barlet space of divisors contained in the fibres for which we show properness over the base of the family and the "strongly Gauduchon" (sG) metrics that we have introduced for the purpose of controlling volumes of cycles. These new metrics enjoy stability properties under both deformations and modifications and play a crucial role in obtaining a uniform control on volumes of relative divisors that prove the above-mentioned properness.

2010年10月18日(月)

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Sergey Ivashkovitch 氏 (Univ. de Lille)
Limiting behavior of minimal trajectories of parabolic vector fields on the complex projective plane. (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
The classical Poincare-Bendixson theory describes the way a trajectory of a vector field on the real plane behaves when accumulating to the singular locus of the vector field. We shall describe, in the first approximation, the way a minimal trajectory of a parabolic complex polynomial vector field (or, a holomorphic foliation) on the complex projective plane approaches the singular locus. In particular we shall prove that if a holomorphic foliation has an exceptional minimal set then its nef model is necessarily hyperbolic.

2010年10月18日(月)

13:00-14:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
Philippe Eyssidieux 氏 (Institut Fourier, Grenoble)
Degenerate complex Monge-Ampere equations (ENGLISH)

2010年10月04日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
伊師 英之 氏 (名大多元数理)
The canonical coordinates associated to homogeneous Kaehler metrics on a homogeneous bounded domain (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
For a real analytic Kaehler manifold, one can define a canonical coordinate, called the Bochner coordinate, around each point. In this talk, we show that the canonical cooredinate is globally defined for a bounded homogeneous domain with a homogeneous Kaehler manifold, which is not necessarily the Bergman metric.
Then we obtain a standard realization of the homogeneous domain associated to the homogeneous metric.

2010年07月12日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
川上 裕 氏 (九大数理)
波面のGauss写像の値分布とその応用 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
曲面のGauss写像の値分布を調べることは,曲面の大域的性質を調べる上で非常に有用である.そのことは,波面と呼ばれるある種の特異点を許容するクラスに拡張しても同様である.本講演では,九大数理の中條大介氏との共同研究によって得られた,実3次元双曲型空間内の弱完備な平坦波面および実3次元アファイン空間内の弱完備な非固有アファイン波面でのGauss写像の除外値数の最良の評価式と,その応用として得られた完備性をもつ曲面の一意化定理の見通しのよい新しい証明について紹介する.

2010年07月05日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
松村 慎一 氏 (東大数理)
制限型体積のカレントを用いた積分表示 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
代数多様体上の豊富な直線束の自己交点数の巨大な直線束への一般化である『体積』は, 多くの状況で出現する重要な概念である. 直線束の体積は, 直線束の特異計量の曲率(カレント)を用いて積分表示できることが知られている. この結果の『制限型体積』への一般化を考察する. その応用として, コンパクトケーラー多様体上の巨大な類に対しても制限型体積を定義できることや, その類のザリスキー分解との関係についても考察する.

2010年06月28日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
平地 健吾 氏 (東大数理)
Total Q-curvature vanishes on integrable CR manifolds (ENGLISH)

2010年06月21日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
濱野 佐知子 氏 (福島大学)
A remark on C^1 subharmonicity of the harmonic spans for discontinuously moving Riemann surfaces (JAPANESE)

< 前へ 12345678910111213141516 次へ >