複素解析幾何セミナー

過去の記録 ~04/16次回の予定今後の予定 04/17~

開催情報 月曜日 10:30~12:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 平地 健吾, 高山 茂晴, 野村 亮介

次回の予定

2021年04月19日(月)

10:30-12:00   オンライン開催
馬 昭平 氏 (東京工業大学)
カスプと有理同値 (Japanese)
[ 講演概要 ]
標題の「カスプ」とはいわゆるモジュラー多様体の(ベイリー・ボレル)コンパクト化の境界成分のことである。
1970年代にマニンとドリンフェルトは合同モジュラー曲線の2つのカスプの差がピカール群において有限位数であることを発見した。
代数サイクルの観点からこの現象の高次元版をいくつか古典的な系列のモジュラー多様体の(ベイリー・ボレル、トロイダル)コンパクト化に対して調べたので、それについて報告する。
[ 参考URL ]
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB