複素解析幾何セミナー

過去の記録 ~02/06次回の予定今後の予定 02/07~

開催情報 月曜日 10:30~12:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 平地 健吾, 高山 茂晴, 野村 亮介

次回の予定

2023年02月13日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
対面・オンラインのハイブリッド形式で行います。オンライン参加される場合は参考URLからご登録ください。
野口 潤次郎 氏 (東京大学)
多変数複素解析入門講義法 (Japanese)
[ 講演概要 ]
微積分は,主に1変数の理論を講義するが,後半で多変数の内容を入れる.同じ様に,複素解析(函数論)でも,一変数の後につなぎよく,多変数の講義を段差なく行えるようにしたい.
モデルケースとして'リーマンの写像定理'がある.現在多くの教科書に書かれているモンテルの定理による初等的な証明(1922, Fejér--Riesz)まで,もとのリーマンの学位論文(1851)から約70年の歳月がかかている.
岡理論・多変数関数論基礎についてみると,Oka IX (1953)より本年でやはり70年たつが,あまり'初等化'の方面へは進展していないように思う.こここでは,学部の複素解析のコースで'リーマンの写像定理'の後に,段差無く完全証明付きで岡理論・多変数関数論基礎を講義する展開を考える.
初等化には,岡のオリジナル法(1943未発表, IX 1953)を第1連接定理に基づき展開するのが適当であることを紹介したい.学部講義の数学内容に日本人による成果が入ることで,学生のモチベーションに好効果を与えるであろうことも期待したい.
時間が許せば,擬凸問題解決の岡のオリジナル法と別証明とされるGrauertの証明との間のFredholm定理をめぐる類似性についても述べたい.
[ 参考URL ]
https://forms.gle/hYT2hVhDE3q1wDSh6