複素解析幾何セミナー

過去の記録 ~05/11次回の予定今後の予定 05/12~

開催情報 月曜日 10:30~12:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 平地 健吾, 高山 茂晴, 野村 亮介

2021年04月26日(月)

10:30-12:00   オンライン開催
今井 淳 氏 (千葉大学)
多様体の留数 (Japanese)
[ 講演概要 ]
$M$を多様体、$z$を複素数とし、$M$の二点間の距離の$z$乗を積空間$M\times M$上積分したものを考えると、$z$の実部が大きいところで$z$の正則関数になる。解析接続により複素平面上の有理関数で1位の極のみ持つものが得られる。この有理型関数、特にその留数の性質を紹介する。具体的には、メビウス不変性、留数と似た量(曲面のWillmoreエネルギー、4次元多様体のGraham-Wittenエネルギー、積分幾何で出てくる内在的体積、ラプラシアンのスペクトルなど)との比較、有理型関数・留数による多様体の同定問題などを扱う。
参考資料:https://sites.google.com/site/junohara/ ダウンロード 「多様体のエネルギーと留数」(少し古い), arXiv:2012.01713
[ 参考URL ]
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/meeting/register/tJ0vcu2rrDIqG9Rv5AT0Mpi37urIkJ1IRldB