東京無限可積分系セミナー

過去の記録 ~02/05次回の予定今後の予定 02/06~

開催情報 土曜日 13:30~16:00 数理科学研究科棟(駒場) 117号室
担当者 神保道夫、国場敦夫、山田裕二、武部尚志、高木太一郎、白石潤一
セミナーURL https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~takebe/iat/index-j.html

2006年06月10日(土)

13:30-16:00   数理科学研究科棟(駒場) 117号室
Boris Feigin 氏 (Landau Institute for Theoretical Physics) 13:30-14:30
"Critical" level for Vertex Algebras
[ 講演概要 ]
In the talk I present the construction of "VOA" on a critical level using fermionic screenings.Then I discuss the geometric background behind such algebras and applications - Langlands correspondence and related things
坂井 穣 氏 (北陸先端科学技術大学院大学) 15:00-16:00
酸化物非線形素子とその展開
[ 講演概要 ]
半導体からなるダイオード、超伝導体からなるジョセフソン素子 などは、それぞれに特徴的な非線形電流電圧 (I-V) 特性をもつがゆえに素子としての機能を発現する。本講演では、主にセラミックス 材料からなるいくつかの薄膜素子において最近観測された、電界誘起金 属転移や不揮発性抵抗変化といった興味深い非線形 I-V 特性を 紹介し、それらをメモリやロジック素子へ展開する可能性を探る。