情報数学セミナー

過去の記録 ~04/12次回の予定今後の予定 04/13~

開催情報 木曜日 16:50~18:35 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 桂 利行

過去の記録

2021年03月11日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
三内 顕義 氏 (理研)
対称性を持つ深層学習 (Japanese)
[ 講演概要 ]
ポイントクラウドやグラフの分類問題など、データとして扱うために人工的なラベル付けを余儀なくされる局面は多い。このようなラベル付けの曖昧さは数学的には群不変性や群同変性の言葉によって定式化することができる。一方でYarotsky, Zaheer, Maronらは有限群の作用に対し、同変性や不変性を持つタスクをうまく取り扱うことができる深層モデルを提案した。本講演ではこれらの理論をその後の発展と共に解説する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1yIKNrwSLsdYt_rivZI8JxhIu3kWtJua5hG8nV5FYbCk/

2021年02月04日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
URLは藤原洋氏のご講演とは異なります
中川 裕也 氏 (株式会社QunaSys)
量子コンピュータを用いた量子化学計算・物性シミュレーション (Japanese)
[ 講演概要 ]
量子コンピュータの産業応用先として最も注目されている分野の一つである量子化学計算と物性シミュレーションについて紹介する。特に Noisy Intermidiate-Scale Qunatum (NISQ) デバイスという、数年以内の実用化が期待されている量子コンピュータを用いた計算手法に関して詳しく述べる。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1yIKNrwSLsdYt_rivZI8JxhIu3kWtJua5hG8nV5FYbCk/

2021年01月21日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
URLは藤原洋氏のご講演とは異なります
鈴木 泰成 氏 (NTT)
トポロジカル量子誤り訂正符号と誤り耐性量子計算 (Japanese)
[ 講演概要 ]
誤りに耐性のある量子計算では、符号化された量子状態に対して訂正だけでなく任意の量子演算を行えなければならない。また、多くの量子デバイスでは小さな誤り率で行える物理操作に空間的な制約があるため、符号は空間的な制約の下でも小さなオーバーヘッドで量子演算を行えるものである必要がある。本講演では、多くの量子デバイスにおいて実装に適しているとされる、スタビライザー符号の一種であるトポロジカル量子誤り訂正符号の枠組みについて解説する。次に、トポロジカル量子誤り訂正符号で符号化された量子状態を用いて任意の量子演算を行う誤り耐性量子計算の枠組みについて、現在最も主流な手法の一つである表面符号とLattice surgeryを例に解説する。時間があれば、クリフォード群の構造を用いたパウリフレームなどの技術や、誤り耐性量子計算でのコンパイラ最適化、現代の代表的な量子デバイスでの誤り耐性量子計算の実現に向けた課題などについて議論する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1yIKNrwSLsdYt_rivZI8JxhIu3kWtJua5hG8nV5FYbCk/

2021年01月14日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原洋氏のご講演とはURLが異なります
鈴木 泰成 氏 (NTT)
量子計算と量子誤り訂正符号の基礎 (Japanese)
[ 講演概要 ]
大規模な量子計算を実現するには、信頼性のある計算結果を得るために、量子計算で生じる誤りを何らかの形で訂正する必要がある。これを実現する方法の一つが、量子計算機の状態を符号化することで物理的な誤りの検出/訂正を可能にする、量子誤り訂正である。本講演では、まず量子計算の数理的な枠組みを解説し、量子計算に対する誤り訂正符号を構築する上での一般的な誤り訂正との共通点と相違点を俯瞰する。次に、パウリ群やこれを用いたスタビライザー符号などの、量子誤り訂正符号の基礎となる事項を解説し、代表的な量子誤り訂正符号を紹介する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1yIKNrwSLsdYt_rivZI8JxhIu3kWtJua5hG8nV5FYbCk/

2021年01月07日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
防衛省関連企業へのサイバー攻撃とAmazon/Googleのゼロトラスト (Japanese)
[ 講演概要 ]
最近、防衛省関連企業へのサイバー攻撃事件が多発している。ECと検索エンジンの世界最大手企業とサイバーセキュリティの最もホットな話題であるスタートアップ企業が、「誰も信用しないゼロトラストネットワーク」に注力している。そこで、本講では、防衛省関連企業へのサイバー攻撃の本質と、Amazon、Google、サイバーセキュリティベンチャー企業(Netskope社とKaseya社)の動向とその技術について概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年12月24日(木)

14:55-16:40   オンライン開催
高島克幸氏のご講演と藤原洋氏のご講演のURLは異なります
高島 克幸 氏 (三菱電機) 14:55-16:40
同種写像グラフの数理と暗号応用 (Japanese)
[ 講演概要 ]
耐量子計算機暗号の一つである同種写像暗号は,楕円曲線間の同種写像からなる同種写像グラフの上で構成されるので,同種写像暗号の安全性・効率性を見積もるために,同種写像グラフの数学的性質の研究が進んでいる.また,種数1の楕円曲線だけでなく,高種数曲線同種写像暗号および高種数同種写像グラフの研究も進んでいる.本講演では,それらの最新動向とともに,種数2同種写像グラフに関する桂利行氏(東大数理)との共同研究成果を紹介する.
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1yIKNrwSLsdYt_rivZI8JxhIu3kWtJua5hG8nV5FYbCk/
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー) 16:50-18:35
ネットビジネス登場・GPUの基礎・2入力量子ゲート (Japanese)
[ 講演概要 ]
 コンピュータ間の相互接続が進行し、インターネットを用いたビジネスが登場した。コンピュータの高速化を必要とする画像処理とAI処理によってGPUが登場し進化した。また、古典コンピュータを遥かに超える高速演算を実現する量子ゲート式量子コンピュータを実現する多入力量子ゲートが、考案された。
 そこで、本講では、インターネットビジネスが登場した背景、古典コンピューティングにおける高速化の基本となるGPUの基礎、および、量子コンピューティングを実現する多入力量子ゲートの実際について述べる。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年12月17日(木)

14:55-18:35   オンライン開催
URLは高島克幸氏と藤原洋氏のご講演では異なります
高島 克幸 氏 (三菱電機) 14:55-16:40
量子コンピュータでも解けない計算問題とその暗号応用 (Japanese)
[ 講演概要 ]
大規模な量子コンピュータが出現すれば,これまで広く使われてきた公開鍵暗号が破られる危険性が指摘されている.それに対する対策として,量子コンピュータでも効率的に解けない数学問題の困難性に基づいて,新しい暗号を提案する動きが活発化している.それらは,耐量子計算機暗号と呼ばれるが,格子,符号,多変数多項式,同種写像などといったそれぞれ異なる数学問題の計算困難性をよりどころにした方式が知られている.本講演では,その動向の概略と共に,格子, 多変数多項式, 同種写像に関する数学問題とその暗号応用について説明する.時間が許せば,最近De Feoらによって提案された同種写像に基づくSQISign署名構成法も紹介する.
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1yIKNrwSLsdYt_rivZI8JxhIu3kWtJua5hG8nV5FYbCk/
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー) 16:50-18:35
AIの機械学習における分類とクラスタリング (Japanese)
[ 講演概要 ]
 今回は、教師あり学習の「分類」の中から、ロジスティック回帰と近傍法について述べる。ニューラルネットワークと共に、機械学習のアルゴリズムの基本が、ディープラーニングを究めるために重要であるため、その基礎について述べる。
 次に、教師なし学習としてのクラスタリングを取り上げ、アルゴリズムの例をとしては、k平均法と混合ガウス分布を取り上げる。
 さらに、次元の呪い、次元削減の1つの方法としての主成分分析について触れる。
 最後に、ニューラルネットワークからディープラーニングへの手順について述べた後、AIの実用例として、メディア、医療、交通渋滞予測、介護現場の省力化の例を示す。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年12月10日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
自動車会社供給網へのサイバー攻撃とシスコによるゼロトラスト (Japanese)
[ 講演概要 ]
最近、自動車会社に関連するサプライチェーンへのサイバー攻撃事件が多発している。
 世界的ネットワーク機器企業とサイバーセキュリティの最もホットな話題であるスタートアップ企業が、「誰も信用しないゼロトラストネットワーク」に注力している。
 そこで、本講では、自動車会社サプライチェーンへのサイバー攻撃の本質と、シスコシステムズとサイバーセキュリティベンチャー企業( SentinelOne社 とStackPath社)の動向とその技術について概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年12月03日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
PC-LAN攻防史・フリンの分類・量子ゲートの実際 (Japanese)
[ 講演概要 ]
 コンピュータ間を高速で構内接続するLAN技術の進化は、激しい競争と共に起こったことが歴史に残っている。また、コンピュータ高速化は、コンピュータアーキテクチャの研究によって、大きく前進した。さらに、古典コンピュータを超える可能性が示されている量子ゲート式の量子コンピュータが、実際に試作され始めている。
 そこで、本講では、 PC-LAN攻防史、古典コンピューティングにおけるアーキテクチャ分類と量子コンピューティングを実現するための量子ゲートの実際について数理科学的視点から概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年11月26日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
AIを支える強化学習と回帰アルゴリズム (Japanese)
[ 講演概要 ]
 現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、ディープラーニングと融合してAIの性能を上げる手法として、強化学習と回帰アルゴリズムがある。そこで、今回は、強化学習のための統計学の基本としてのP値とQ値、Q-Learning、および回帰アルゴリズムの基本と応用について述べる。さらにAIの実用例として、サービス業におけるテクニカル・サポート業務の自動化について紹介する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年11月19日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
口座不正引き出し事件の考察とマイクロソフトによるゼロトラスト (Japanese)
[ 講演概要 ]
最近、携帯電話会社の運営する口座とリンクした銀行口座を悪用した不正引き出し事件が多発している。
 世界的ソフトウェア企業とサイバーセキュリティの最もホットな話題であるスタートアップ企業が、「誰も信用しないゼロトラストネットワーク」に注力している。
 そこで、本講では、不正引き出し事件の本質と、マイクロソフトとサイバーセキュリティベンチャー企業( Cybereason社とHashiCorp社 )の動向とその技術について概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年11月05日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
PC興亡史、並列演算とは?、量子ゲートとは? (Japanese)
[ 講演概要 ]
 今日のデータ量増大、処理の高度化への要求に伴い、各種の古典コンピューティングによる高速化手法が考案されている。また、根本的なコンピューティングの原理の革新としての量子コンピューティングの世界が拓かれようとしている。
 本講では、PCを巡る興亡史、古典コンピューティングにおける並列演算と量子コンピューティングの基礎となる量子ゲート方式の考え方について数理科学的視点から概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月29日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
ディープラニングの教師あり・なし学習と強化学習 (Japanese)
[ 講演概要 ]
現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、学習データの扱いは、極めて重要である。そこで、本講では、ディープラーニングと学習データ、データ拡張と転移学習、過学習の防止法について述べる。
 次に、教師あり学習と教師なし学習 、強化学習と代表例のバンディットアルゴリズムに触れた後に、ディープラーニング理論に基づくAIの社会実装例について紹介する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月22日(木)

16:50-18:35   数理科学研究科棟(駒場) オンライン(Zoom)号室
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
情報セキュリティ10 大脅威 2020からゼロトラストを考える (Japanese)
[ 講演概要 ]
情報セキュリティ10 大脅威 2020 には、最新のサイバー攻撃等による脅威の実態が示されている。また、防御側の企業や大学等は、ゼロトラストネットワークの導入が重要となっている。さらに、サイバーセキュリティ・ビジネスは、急成長を遂げている。
 そこで、本講では、サイバー攻撃への対策としてのサイバーセキュリティ技術と同分野のベンチャー企業の動向について述べる。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月15日(木)

16:50-18:35   数理科学研究科棟(駒場) オンライン(Zoom)号室
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
古典コンピューティングの高速化手法の実際と量子コンピューティングの基本=重ね合わせ原理 (Japanese)
[ 講演概要 ]
 今日のデータ量増大、処理の高度化への要求に伴い、各種の古典コンピューティ
ングによる高速化手法が考案されている。また、根本的なコンピューティングの
原理の革新としての量子コンピューティングの世界が拓かれようとしている。
 そこで、本講では、古典コンピューティングにおける高速化の基本と量子コン
ピューティングの根底に ある因果律の革新的考え方について数理科学的視点か
ら概観する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月08日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
ニューラルネットワークからディープラーニングへ (Japanese)
[ 講演概要 ]
 現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、これを基本としたAI技術基盤
が存在する。そこで、今回は、最初に本技術基盤の第2層に相当するAIライブラ
リレイヤについて、機械学習ライブラリの実例を示す。
 また、ディープラーニングは、ニューラルネットワークを対象にした
多層構造の機械学習モデルに基づいているが、ニューラルネット
ワークから如何にしてディープラーニングに到達するかについて
概観する。
 さらに、AIの実現例としてAIを活用したインフルエンザ予報サービスの取組み
について紹介する。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年10月01日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
マルウェアによるサイバー攻撃からゼロトラストネットワークへ (Japanese)
[ 講演概要 ]
最近、マルウェアによるサイバーアタックが、常套化している。
 これは、政府、企業、研究機関などの情報通信システムの脆弱性を突いたサイバー攻撃の手段であり、システムの機能不全被害や情報漏洩などが多発している。そこで、本講では、マルウェアの本質とその社会的影響について触れ、その防止技術について概観する。
 また、サイバー攻撃の本質的防止対策としてのゼロトラストネットワークについて考察した後に、サイバーセキュリティビジネスの最先端について迫ることとする。
(Zoomで開催する。申込先は下記URL参照)
[ 参考URL ]
https://forms.gle/Uhy8uBujZatjNMsGA

2020年07月16日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
古典コンピューティングの高速化手法の基本と量子コンピューティングの根底にある因果律の革新 (Japanese)
[ 講演概要 ]
今日のデータ量増大、処理の高度化への要求に伴い、各種の古典コンピューティングによる高速化手法が考案されている。また、根本的なコンピューティングの原理の革新としての量子コンピューティングの世界が拓かれようとしている。
 そこで、本講では、古典コンピューティングにおける高速化の基本と量子コンピューティングの根底にある因果律の革新的考え方について数理科学的視点から概観する。
[ 参考URL ]
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/ [学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)

2020年07月09日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
機械学習からディープラーニングへの道 (Japanese)
[ 講演概要 ]
 現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、これを基本としたAI技術基盤が存在する。そこで、今回は、最初に本技術基盤の第2層に相当するAIライブラリレイヤについて、機械学習ライブラリの実例を示す。
 また、ディープラーニングは、ニューラルネットワークを対象にした多層構造の機械学習モデルに基づいているが、機械学習から如何にしてディープラーニングに到達するかについて概観する。
[ 参考URL ]
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/ [学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)

2020年07月02日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
テレワーク社会とサイバー攻撃の脅威 (Japanese)
[ 講演概要 ]
 最近、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、インターネットを用いて自宅でも業務が行えるテレワークの利用が一気に進んでおり、多様化する個々人のライフスタイルに応じた柔軟かつバランスのとれた働き方の実現に寄与することが期待される。しかしながら、一方では、テレワークのための情報通信ネットワークの脆弱性によるサイバー攻撃による被害や情報漏洩などが、多発している。
 そこで、本講では、サイバー攻撃について、その被害の現状と攻撃方法について考察する。また、テレワークにおけるサイバーセキュリティの重要性とその社会課題と技術について第4回の講義に続いてさらに考察する。
[ 参考URL ]
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/ [学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)

2020年06月18日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
古典コンピューティングの高速化から量子への道 (Japanese)
[ 講演概要 ]
 今日のデータ量増大、処理の高度化への要求に伴い、各種の古典コンピューティ
ングによる高速化手法が考案されている。また、根本的なコンピューティングの
原理から再構築する量子コンピューティングの世界が拓かれようとしている。
 そこで、本講では、コンピュータの実用化発明後の古典コンピューティングに
おける高速化の取組と量子コンピューティングの根底にある量子力学の基本的な
考え方について数理科学的視点から概観する。
[ 参考URL ]
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/ [学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)

2020年06月11日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
現代AIの技術基盤と基礎となる機械学習 (Japanese)
[ 講演概要 ]
 現代AIの基本は、ディープラーニングであるが、これを基本としたAI技術基盤
を俯瞰する。本技術基盤は、既にある通信プロトコルでのOSIモデルの7層構造や
IoTプットフォームとしての3層構造と異なり、4層構造が、最適であると考えら
れる。
 また、ディープラーニングは、ニューラルネットワークを対象にした多層構造
の機械学習モデルに基づいている。
 そこで、本講では、現代AIの技術基盤の4層構成を定義し、基礎となる機械学
習の原理とそのライブラリ構成について概観する。
[ 参考URL ]
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/ [学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)

2020年06月04日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
テレワーク社会と増大するサイバーセキュリティの重要性
[ 講演概要 ]
URL
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/
[学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)

 最近、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、インターネットを
用いて自宅でも業務が行えるテレワークの利用が一気に進んでいる。。
 テレワーク社会では、より時間や場所を有効に活用した就労・作業形態は、企
業にとっての競争力強化のみならず、新しいビジネスの創出や労働形態の改革、
事業継続の向上をもたらすとともに、多様化する個々人のライフスタイルに応じ
た柔軟かつバランスのとれた働き方の実現に寄与することが期待される。
 しかしながら、一方では、テレワークのための情報通信ネットワークの脆弱性
によるサイバー攻撃による被害や情報漏洩などが、多発している。そこで、本講
では、その対策としてのサイバーセキュリティの重要性とその社会課題と技術に
ついて概観する。

2020年05月21日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原 洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
コンピュータの誕生から演算速度のさらなる高速化へ (Japanese)
[ 講演概要 ]
URL
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/
[学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)

 今日、高精細画像や情報処理の多様化に伴い、コンピュータの処理対象のデー
タ量の増大、処理の高度化に伴い、計算アルゴリズムが益々複雑化している。
 また、高速化の要求に対する解決方法として並列計算と量子計算が、ホットな
話題となっている。そこで、コンピュータ(計算機)が、数学から生まれ、数学
と共にどこへ向かうのかを概観する。
[ 参考URL ]
https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/

2020年05月14日(木)

16:50-18:35   オンライン開催
藤原洋 氏 (株式会社ブロードバンドタワー)
実用化段階に入ったAIの過去・現在・未来 (Japanese)
[ 講演概要 ]
URL
[学外用] https://docs.google.com/forms/d/1d1RWvV8j1TzXg8eF93zMZeIzJeIvdq9zY8htO8w2St0/
[学内用] https://bit.ly/2zCBj8x (g.ecc.u-tokyo.ac.jpアカウントでアクセスできます)


 機械学習と深層学習の登場で、AIは、コンピュータサイエンスの研究対象から、実用段階に入った。そして、あらゆる学術分野・産業分野における研究対象、事業対象へと変貌を遂げた。本講演では、今日のAI研究とAIビジネスの過去・現在・未来について展望する。

< 前へ 12345 次へ >