複素解析幾何セミナー

過去の記録 ~06/24次回の予定今後の予定 06/25~

開催情報 月曜日 10:30~12:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 平地 健吾, 高山 茂晴

2024年06月17日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
日下部 佑太 氏 (九州大学)
Oka tubes in holomorphic line bundles (Japanese)
[ 講演概要 ]
自身を値域とする正則写像の拡張・近似問題に関して、岡の原理が成り立つような複素多様体を岡多様体と呼ぶ。岡多様体は、複素Euclid空間から多くの支配的正則写像を持つという楕円性によって特徴付けられ、小林双曲性に代表される複素幾何学的双曲性とは真逆の性質を持つことが知られている。本講演では、コンパクト複素多様体上の負直線束の零切断が擬小林双曲近傍基を持つという事実を一つの背景として、どのような場合に直線束の零切断が岡近傍基を持つかという問題を考える。本講演の内容は、Franc Forstnerič氏との共同研究に基づく。
[ 参考URL ]
https://forms.gle/gTP8qNZwPyQyxjTj8