複素解析幾何セミナー

過去の記録 ~02/26次回の予定今後の予定 02/27~

開催情報 月曜日 10:30~12:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 平地 健吾, 高山 茂晴

2019年12月09日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
北岡 旦 氏 (東京大学)
Analytic torsions associated with the Rumin complex on contact spheres (Japanese)
[ 講演概要 ]
Rumin 複体は接触多様体上に定まる,実数体の定数層の分解であり,実数体のde Rham 複体の部分複体である.本講演では,球面上のRumin ラプラシアンの固有値を書き下し,Rumin 複体の解析的捩率関数がRiemann のゼータ関数を用いて書き表されることを示す.特に,その関数の原点で消滅していることと,その解析的捩率が具体的に計算できることを紹介する.