複素解析幾何セミナー

過去の記録 ~02/06次回の予定今後の予定 02/07~

開催情報 月曜日 10:30~12:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 平地 健吾, 高山 茂晴, 野村 亮介

2016年11月07日(月)

10:30-12:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
伊師 英之 氏 (名古屋大学)
管状領域のPaley-Wiener型定理と指数型分布族 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
正則函数のなかで,所与の条件をみたす函数や超函数のフーリエ・ラプラス変換として表されるものを特徴づける一連の定理を Paley-Wiener 型定理とよぶ.我々は,与えられた測度に関する二乗可積分函数のフーリエ・ラプラス変換として得られる正則函数からなるヒルベルト空間と,それに付随するケーラー幾何について考察する.とくに,有望なアプローチとして数理統計における指数型分布族の理論とのつながりを紹介したい.