東京無限可積分系セミナー

過去の記録 ~02/06次回の予定今後の予定 02/07~

開催情報 土曜日 13:30~16:00 数理科学研究科棟(駒場) 117号室
担当者 神保道夫、国場敦夫、山田裕二、武部尚志、高木太一郎、白石潤一
セミナーURL https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~takebe/iat/index-j.html

2015年01月22日(木)

13:00-16:30   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
松本 ディオゴけんじ 氏 (早稲田理工) 13:00-14:30
Dynamical braceを用いたダイナミカル・ヤン・バクスター写像の構成について (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
ダイナミカル・ヤン・バクスター写像はダイナミカル・ヤン・バクスター方程式の集合論的解として導入された概念である.本講演では,brace(積$a*b:=ab+a+b$に関して群構造を持つ環$(R,+,¥cdot)$の一般化として得られる代数系)をダイナミカル化した代数系dynamical braceを導入し,ユニタリ条件を満たす右非退化なダイナミカル・ヤン・バクスター写像を構成する方法について述べる.またdynamical braceの性質と分類およびbraceとの関係についても紹介をする予定である.
澁川 陽一 氏 (北大数学) 15:00-16:30
ダイナミカル・ヤン・バクスター写像を用いたホップ亜代数の構成 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
FelderやEtingof-Varchenkoは,量子ダイナミカル・ヤン・バクスター方程式の解であるダイナミカルR行列から,ホップ代数の一般化であるホップ亜代数を構成した.この構成方法に現れる量子ダイナミカル・ヤン・バクスター方程式は一般化されており,その解もダイナミカル・ヤン・バクスター写像という名前でいくつか求められている.そこで本講演では,ダイナミカル・ヤン・バクスター写像を用いたホップ亜代数の構成について紹介する.さらに時間が許せば,ダイナミカル・ヤン・バクスター写像に付随して定まる有限次元L-operator全体のなすテンソル圏
(これは,対応するホップ亜代数のある種の有限次元表現全体のなすテンソル圏と見なせる) がリジッドとなることを説明したい.