東京無限可積分系セミナー

過去の記録 ~04/13次回の予定今後の予定 04/14~

開催情報 土曜日 13:30~16:00 数理科学研究科棟(駒場) 117号室
担当者 神保道夫、国場敦夫、山田裕二、武部尚志、高木太一郎、白石潤一
セミナーURL https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~takebe/iat/index-j.html

2009年02月14日(土)

10:30-14:00   数理科学研究科棟(駒場) 117号室
藤健太 氏 (神戸理) 10:30-11:30
野海・山田系におけるタウ関数の関係式
[ 講演概要 ]
野海・山田系は, A型のドリンフェルト・ソコロフ階層の相似簡約から得られる高階
の常微分方程式系である.
本講演では, ドリンフェルト・ソコロフ階層を波動作用素を用いて考察することによっ
て, 野海・山田系のタウ関数の双線形方程式を求める.
鈴木貴雄 氏 (神戸理) 13:00-14:00
ワイル群の regular な共役類に付随するドリンフェルト・ソコロフ階層とパンルヴェ型微分方程式
[ 講演概要 ]
ドリンフェルト・ソコロフ階層はKdV階層のアフィン・リー代数への一般化で, ワイ
ル群の共役類(またはハイゼンベルグ部分代数)によって特徴付けられる可積分系で
ある.
本講演では, ワイル群の共役類のうち特に regular と呼ばれるものに注目し, それ
に対応するドリンフェルト・ソコロフ階層の定式化について, F.Kroode-J.Leur, Kik
uchi-Ikeda-Kakei 等の仕事を紹介しつつ解説する.
また, パンルヴェ型微分方程式との関連についても述べる.