東京無限可積分系セミナー

過去の記録 ~02/05次回の予定今後の予定 02/06~

開催情報 土曜日 13:30~16:00 数理科学研究科棟(駒場) 117号室
担当者 神保道夫、国場敦夫、山田裕二、武部尚志、高木太一郎、白石潤一
セミナーURL https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~takebe/iat/index-j.html

2007年05月26日(土)

13:00-16:30   数理科学研究科棟(駒場) 117号室
酒井一博 氏 (慶応大経済) 13:00-14:30
弦理論対応における可積分性
[ 講演概要 ]
概要:N=4超対称ゲージ理論と反ド・ジッター時空を背景とする弦理論の等価性を主
張するAdS/CFT対応は、ここ十年弦理論の分野でもっとも活発に研究されてい
るテーマのひとつである。この枠組の中で、伝統的な一次元量子可積分系や二
次元古典可積分系と同種の可積分構造が発見され、近年飛躍的な研究の進展が
続いている。この流れは、既存の可積分系の知識の単なる応用にとどまらず、
一次元Hubbard模型の可積分性の背景にある代数構造を明らかにするなど、可
積分系の分野へのフィードバックをももたらしている。本講演では、ゲージ理
論・弦理論双方で可積分性がどのように現れるかを概観しながら、この分野の
研究の最前線を紹介する。
加藤晃史 氏 (東大数理) 15:00-16:30
AdS/CFT 対応における $a$-maximization について
[ 講演概要 ]
弦双対性の一つである AdS/CFT 対応において、$a$-maximization
と呼ばれる変分問題が4次元超対称共形場理論のスペクトルの決定に
重要な働きをするがわかってきた。本講演では非専門家向けに
$a$-maximization の基本的な構造を説明するとともに、
関連するいくつかの話題を紹介したい。