東京無限可積分系セミナー

過去の記録 ~07/21次回の予定今後の予定 07/22~

開催情報 土曜日 13:30~16:00 数理科学研究科棟(駒場) 117号室
担当者 神保道夫、国場敦夫、山田裕二、武部尚志、高木太一郎、白石潤一
セミナーURL http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~takebe/iat/index-j.html

2017年05月30日(火)

17:30-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
岡田 聡一 氏 (名大多元数理)
$C$ 型ルート系に付随した $Q$ 関数 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Schur の $Q$ 関数は,対称群の射影表現の研究の中で Schur によ
って導入された対称関数であり,$A$ 型のルート系に付随した
Hall-Littlewood 対称関数において $t=-1$ としたものでもある.
($t=0$ としたものが Schur 関数である.)この講演では,$C$
型のルート系に付随した Hall-Littlewood 関数において $t=-1$
とおいたもの(斜交 $Q$ 関数)を考える.斜交 $Q$ 関数に対する
Pfaffian 公式を紹介し,組合せ論的表示を与えるとともに,いく
つかの正値性予想を提示する.