河東泰之の「数理科学」古い記事リスト

サイエンス社の月刊「数理科学」に私が書いた古い記事です. 同社の許可を得て公開しています.

  1. 河東泰之, 作用素環と量子Galois群,「数理科学」 Vol.34-8, pp.54-61, サイエンス社,1996.
  2. 河東泰之, 代数的場の量子論の新しい展開 ---セクター理論とbraid統計,「数理科学」 Vol.39-4, pp.41-48, サイエンス社,2001.
  3. 河東泰之, 演算子・作用素というパラダイム,「数理科学」 Vol.42-4, pp.5-11, サイエンス社,2004.
  4. 河東泰之, 数学における非可換性,「数理科学」 Vol.42-9, pp.14-20, サイエンス 社,2004.
  5. 河東泰之, 物理を語るための代数という言葉,「数理科学」 Vol.45-7, pp.5-10, サイエンス社,2007.
  6. 河東泰之, 線形代数と関数解析学,「数理科学」 Vol.46-6, pp.39-43, サイエンス社,2008.
  7. 河東泰之, 私はどうして数学者になったか,「数理科学」 Vol.46-10, pp.78-83, サイエンス社,2008.(『数学の道しるべ』,pp.170-179, サイエンス社,2011に再録)
  8. 河東泰之, 微積分の力を身につけるには,「数理科学」 Vol.47-5, pp.5-6, サイエンス社,2009.
  9. 河東泰之, 無限次元とは何か,「数理科学」 Vol.48-1, pp.5-6, サイエンス社,2010.
  10. 河東泰之, 『ε‐δ論法再入門』,「数理科学」 Vol.48-6, p.64, サイエンス社,2010.
  11. 河東泰之, 量子的数学の発展,「数理科学」 Vol.50-4, p.5, サイエンス社,2012.
  12. 河東泰之, von Neumann, Connes そして Jones,「数理科学」 Vol.50-5, pp.58-59, サイエンス社,2012.
  13. 河東泰之, 分類分けという発想,「数理科学」 Vol.51-10, pp.5-6, サイエンス社,2013.
  14. 河東泰之, フィールズ賞で語る現代数学,「数理科学」 Vol.52-8, pp.63-67, サイエンス社,2014.
  15. 河東泰之, 数学における場の量子論の研究,「数理科学」 Vol.54-3, pp.32-33, サイエンス社,2016.
  16. 河東泰之, 高次元世界の数学,「数理科学」 Vol.54-12, p.5, サイエンス社,2016.
  17. 河東泰之, 作用素環の考え方,「数理科学」 Vol.55-4, pp.29-34, サイエンス社,2017.
  18. 河東泰之, 作用素環の研究,「数理科学」 Vol.55-7, pp.78-83, サイエンス社,2017.
  19. 河東泰之, 作用素環と量子情報,「数理科学」 Vol.56-6, pp.62-63, サイエンス社,2018.
  20. 河東泰之, ヒルベルト空間と作用素環,「数理科学」 Vol.57-9, pp.29-35, サイエンス社,2019.
  21. 河東泰之, 作用素環と結び目,「数理科学」 Vol.58-4, pp.51-57, サイエンス社,2020.
  22. 河東泰之, 私の読んだ本と私の書いた本,「数理科学」 Vol.59-3, pp.76-81, サイエンス社,2021.

河東のホームページに戻る.