東京名古屋代数セミナー

過去の記録 ~09/27次回の予定今後の予定 09/28~

担当者 阿部 紀行、Aaron Chan、Erik Darpoe、伊山 修、中村 力、中岡 宏行、高橋 亮
セミナーURL http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~aaron.chan/TNAseminar.html

2020年11月12日(木)

16:00-17:30   オンライン開催
オンライン開催の詳細は上記URLをご覧ください。
酒井 嵐士 氏 (名古屋大学)
ICE-closed subcategories and wide tau-tilting modules (Japanese)
[ 講演概要 ]
多元環の表現論では、多元環上の加群のなす圏の部分圏が調べられてきた。例えば、torsion class やwide部分圏などがある。今回の講演ではこれら2つの共通の一般化であるアーベル圏のICE-closed 部分圏を紹介する。そしてICE-closed部分圏はwide 部分圏のtorsion classであることを見る。またsupport tau-tilting 加群の一般化であるwide tau-tilting 加群を導入し、ICE-closed 部分圏がwide tau-tilting 加群と対応することを見る。本講演の内容は榎本悠久氏との共同研究に基づいている。