応用解析セミナー

過去の記録 ~04/13次回の予定今後の予定 04/14~

開催情報 木曜日 16:00~17:30 数理科学研究科棟(駒場) 002号室
担当者 石毛 和弘

2015年05月14日(木)

16:00-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
太田雅人 氏 (東京理科大学理学部数学科)
Strong instability of standing waves for some nonlinear Schr\"odinger equations (Japanese)
[ 講演概要 ]
デルタ関数をポテンシャルとして含む空間1次元の非線形シュレディンガー方程式を考える.この方程式の定在波解は双曲線関数を用いて具体的に書き表すことができる.そのため,方程式がスケール不変でないにも関わらず,角振動数をパラメータとする定在波解の族のエネルギーや電荷のパラメータ依存性を具体的に計算することができ,定在波解の軌道安定性と不安定性を完全に分類することができる.この講演では,軌道不安定な定在波解の近傍から出発した解が有限時間で爆発するための条件について考察する.このとき,定在波解は強不安定であるというが,今回得られた強不安定性の十分条件と軌道不安定性に関する従来の条件との関係を数値的に調べ,関連する問題を紹介する.