応用解析セミナー

過去の記録 ~02/05次回の予定今後の予定 02/06~

開催情報 木曜日 16:00~17:30 数理科学研究科棟(駒場) 002号室
担当者 石毛 和弘

2010年01月28日(木)

16:00-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 002号室
清水扇丈 氏 (静岡大学理学部)
相転移を伴う非圧縮性2相流の線形化問題について
[ 講演概要 ]
氷が常圧で0度以上になると水になるなどの相転移を伴う非圧縮性2相流に対し,質量保存則, 運動量保存則, エネルギー保存則を界面を含む系全体に適用し, 線形化した方程式系について考察する. 本講演では, 線形化方程式系のL_p-L_q 最大正則性定理について述べる.

密度が異なる場合は, 法線方向の高さ関数は表面張力つき2相Stokes問題の高さ関数と同じ正則性をもち, 系は流速が支配するのに対し,密度が等しい場合は, Gibbs-Thomson補正された表面張力つき2相Stefan問題の高さ関数と同じ正則性をもち, 系は温度が支配する.