ニュース・イベント

2020年04月07日

数理棟への入棟に関するガイドライン

数学科および数理科学研究科の学生、研究員の皆さんへ

現在のステージは レッド です。

●駒場キャンパスがステージ・レッドであるとき

数理棟は立ち入り禁止です。

●駒場キャンパスがステージ・オレンジであるとき

在宅で学習・研究を行うことをお願いします。ステージは教養学部のホームページに掲載されます。

以下のどちらか、または両方の場合に限って、一度だけ数理棟への入構を許可します。

  • 院生室に置いてある物品を持ち帰る
  • 3月29日以前に数理図書室で予約してあった本を受け取る

ただし図書室は当面閉室するので、来室前に図書室への電話もしくはメールで来室日時を打ち合わせること。連絡先は数理図書室のホームページを参照のこと。

上記のような必要や格別の事情がある場合は、あらかじめ理由書(形式は自由)をメールで指導教員に提出し、指導教員を通じて専攻長の許可を得てください。

学外からの電子書籍の利用案内についてはこちらをご覧ください。

●駒場キャンパスがステージ・イエローのとき

院生室や研究室の使用にあたっては以下を励行してください。

  1. 利用中は常時ドアおよび窓を開放する。
  2. 同時利用はお互いの距離が2メートル以上あけられる人数に限る。
  3. 原則としてマスク等を装着。

参考:クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則

  1. 換気を励行する:窓のある環境では、可能であれば 2方向の窓を同時に開け、換気を励行します。ただ、どの程度の換気が十分であるかの確立したエビデンスはまだ十分にありません。
  2. 人の密度を下げる:人が多く集まる場合には、会場の広さを確保し、お互いの距離を1-2 メートル程度あけるなどして、人の密度を減らす。
  3. 近距離での会話や発声、高唱を避ける:周囲の人が近距離で発声するような場を避けてください。

やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分から飛沫を飛ばさないよう、咳エチケットの要領でマスクを装着するかします。