代数学コロキウム

過去の記録 ~02/04次回の予定今後の予定 02/05~

開催情報 水曜日 17:00~18:00 数理科学研究科棟(駒場) 056号室
担当者 今井 直毅, 三枝 洋一

2017年04月12日(水)

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
跡部発 氏 (東京大学数理科学研究科)
A conjecture of Gross-Prasad and Rallis for metaplectic groups (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
p-進簡約代数群の既約スムース表現が generic であるとは、それが Whittaker 模型を持つ時に言う。
Whittaker 模型の一意性により、generic 表現は表現論及び数論の両分野で多くの応用を持つ。
一方で、局所 Langlands 予想 (LLC) は既約スムース表現を L-パラメーターで分類する。
Gross-Prasad は Rallis に触発されて、generic 表現に対応する L-パラメーターの判定法を予想した。
これを Gross-Prasad と Rallis の予想 (GPR) という。
近年、古典群に関して (GPR) は Gan-Ichino により証明された。
本講演では、シンプレクティック群の二重被覆であるメタプレクティック群に関して (GPR) を議論する。