幾何コロキウム

過去の記録 ~04/19次回の予定今後の予定 04/20~

開催情報 金曜日 10:00~11:30 数理科学研究科棟(駒場) 126号室
担当者 植田一石,金井雅彦,二木昭人
備考 開始時間と開催場所などは変更されることがあるので, セミナーごとにご確認ください.

2013年05月16日(木)

10:00-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
開始時間と開催場所などは変更されることがあるので, セミナーごとにご確認ください.
服部広大 氏 (東大数理)
Taub-NUT変形の一般化 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
C^2 上の Taub-NUT 計量は,非平坦な完備リッチ平坦ケーラー計量の例として知らている.この計量は C^2 上のユークリッド計量に S^1 作用による Taub-NUT 変形と呼ばれる操作を施すことで得られる.Taub-NUT 変形は任意のトーリック超ケーラー多様体に対して定義される概念であり,ALE 計量を ALE でない計量に変形することができる.本講演では,非可換なリー群を用いた Taub-NUT 変形の一般化について論じる.