斎 藤  毅  (SAITO Takeshi)

 >個人ホームページ
講   座 数理代数学大講座 教授
研究分野 数論幾何
研究テーマ

ガロワ表現、エタール・コホモロジー

研究概要

数論幾何では、整数環や局所体などの整数論的な環や体の上に定義された、スキームなどの幾何的な対象を研究します。代数体や局所体のガロワ表現や、その構成にも使われるエタール層の理論を研究しています。

主要論文
  1. Ramification theory for varieties over a local field, with Kazuya Kato,
    Publications Mathematiques, IHES. 117, (2013), 1-178

  2. The characteristic class and ramification of an l-adic etale sheaf, with Ahmed Abbes,
    Inventiones Mathematicae 168 No. 3 (2007) 567-612

  3. On the conductor formula of Bloch, with Kazuya KATO,
    Publications Mathematiques, IHES 100, (2004), 5-151.

  4. Ramification of local fields with imperfect residue fields, with Ahmed ABBES,
    American Journal of Mathematics, 124.5 (2002), 879-920

  5. Modular forms and p-adic Hodge theory,
    Inventiones Math. 129 (1997) 607-620

著書

数論I,II 岩波書店(2005) (加藤和也, 栗原将人, 黒川信重と共著)

フェルマー予想 岩波書店 (2009)

線形代数の世界 -抽象数学の入り口- 東京大学出版会(2007)

集合と位相 東京大学出版会 (2009)

微積分 東京大学出版会 (2013)

Number theory 1, Fermat's dream
(with K. Kato, N. Kurokawa, translated by M. Kuwata) (2000)

Number theory 2, Introduction to Class Field Theory
(with K. Kato, N. Kurokawa, translated by M. Kuwata) (2011)

Number theory 3, Iwasawa Theory and Modular Forms
(with N. Kurokawa, M. Kurihara translated by M. Kuwata) (2012)

学会 日本数学会
受賞 代数学賞 1998年9月, 日本数学会賞春季賞 2001年3月
活動

Documenta DMV, Japanese Journal of Mathematics ,

Journal of Algebraic Geometry (editor).