代数学コロキウム

過去の記録 ~05/23次回の予定今後の予定 05/24~

開催情報 水曜日 17:00~18:00 数理科学研究科棟(駒場) 056号室
担当者 今井 直毅, 三枝 洋一

今後の予定

2018年05月30日(水)

17:00-18:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
竹内大智 氏 (東京大学数理科学研究科)
Blow-ups and the class field theory for curves (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
幾何学的類体論とは、有限体上一変数代数関数体に対する類体論の、係数が一般の完全体の場合への拡張であり、M. Rosenlichtにより証明された定理である。一方1980年代、P. Deligneにより、順分岐の場合の別証明が見いだされた。それは曲線の対称積が、そのJacobi多様体上の射影(或いはアフィン)空間束になることを用いるものである。本講演では対称積のブローアップを考えることで、一般の分岐の場合でも類似の方法で証明できることを説明する。

2018年06月06日(水)

17:30-18:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Nicolas Templier 氏 (Cornell University)
On the Ramanujan conjecture for automorphic forms over function fields
[ 講演概要 ]
Let G be a reductive group over a function field of large enough characteristic. We prove the temperedness at unramified places of automorphic representations of G, subject to a local assumption at one place, stronger than supercuspidality. Such an assumption is necessary, as was first shown by Saito-Kurokawa and Howe-Piatetskii-Shapiro in the 70's. Our method relies on the l-adic geometry of Bun_G, and on trace formulas. Work with Will Sawin.

(本講演は「東京北京パリ数論幾何セミナー」として, インターネットによる東大数理, Morningside Center of Mathematics と IHES の双方向同時中継で行います.今回はパリからの中継です.)