代数幾何学セミナー

過去の記録 ~08/20次回の予定今後の予定 08/21~

開催情報 火曜日 15:30~17:00 数理科学研究科棟(駒場) 122号室
担当者 權業 善範・中村 勇哉・田中公

2018年06月19日(火)

15:30-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
若林 泰央 氏 (東工大)
Dormant Miura opers and Tango structures (Japanese (writing in English))
[ 講演概要 ]
Tango(丹後)構造とは, 正標数の代数曲線で定義された然るべき直線束であり, (小平消滅定理の反例となるなどの, いわゆる)「病理的な」正標数の代数多様体を構成するうえで基本的な概念です. 本発表では, このTango構造と, 一見すると無関係にも見える幾つかのトピック(dormant Miura oper, 3正則グラフのナンバリング, Gaudin模型の対角化etc.)との結びつきや関連する結果について説明させていただきたく予定です.(各トピックについて発表者はそれほど詳しくありませんので, この機会にぜひ皆さまの知見を伺えればと思っております.)