木 田 良 才(KIDA Yoshikata)

 >個人ホームページ
講   座 離散数理学大講座 准教授
研究分野 離散群,エルゴード群論
研究テーマ
離散群のエルゴード理論と軌道同値関係
研究概要

エルゴード群論は近年の離散群論の発展に伴い生まれた分野であり,群のユニタリ表現論やフォンノイマン環論にその端緒を見出すことができる(背景については,下記拙文「エルゴード群論」を参照してほしい).測度空間への群作用とその軌道同値関係を研究対象にして,離散群の関数解析的・幾何学的性質との関連を探っている.

主要論文
  1. The mapping class group from the viewpoint of measure equivalence theory, Mem. Amer. Math. Soc. 196 (2008), no. 916.
  2. Measure equivalence rigidity of the mapping class group, Ann. of Math. (2) 171 (2010), 1851--1901.
  3. Rigidity of amalgamated free products in measure equivalence, J. Topol. 4 (2011), 687--735.
  4. Invariants of orbit equivalence relations and Baumslag-Solitar groups, Tohoku Math. J. (2) 66 (2014), 205--258.
  5. (with Saeko Yamagata) Automorphisms of the Torelli complex for the one-holed genus two surface, Tokyo J. Math. 37 (2014), 335--372.
  6. Stable actions and central extensions, Math. Ann. 369 (2017), 705--722.
  7. エルゴード群論, 数学 70 (2018), 337--356.
学会 日本数学会
受賞

井上研究奨励賞(2008年)

日本数学会幾何学賞(2009年)

科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2011年)

作用素環賞(2016年)

日本数学会賞春季賞(2018年)

日本学術振興会賞(2019年)