数理人口学・数理生物学セミナー

過去の記録 ~04/13次回の予定今後の予定 04/14~


2022年01月19日(水)

15:00-16:00   オンライン開催
梶原 毅 氏 (岡山大学名誉教授)
時間遅れ, 免疫, 吸収効果による不安定化

(Japanese)
[ 講演概要 ]
生物集団, 特に病原体と細胞の係わるダイナミクスにおいて振動が起こる時,
しばしば時間遅れ, 宿主の免疫反応などが関係していることが多いが,
思いもかけない現象として, 病原体が宿主細胞に感染するときに1個, ある
いは数個減少する効果が振動に関係することもある。
本講演においては, ある場合において, これらの3つの効果の中で2つでは
振動が発生せず, 3つ揃うと振動が発生しうる状況について, 報告する。
また, 以前にさかのぼり, さまざまな場合における安定性の議論について
も振り返る。

[ 参考URL ]
オンラインですので,参加希望のかたは稲葉(inaba@ms.u-tokyo.ac.jp)へご連絡ください.