離散数理モデリングセミナー

過去の記録 ~10/05次回の予定今後の予定 10/06~

担当者 時弘哲治, ウィロックス ラルフ

2020年11月11日(水)

17:00-18:00   オンライン開催
Zoomを用いてオンラインで行います.参加希望の方はウィロックスまでZoomのリンクをお尋ねください.
永井 敦 氏 (津田塾・情報科学科)
離散ソボレフ不等式とその応用ー周期格子からC60フラーレンまで (Japanese)
[ 講演概要 ]
境界値問題のグリーン関数は適切なヒルベルト空間の再生核であり、その応用としてソボレフ不等式の最良定数(等号成立条件)を具体的に計算できる。次にグラフ上の離散ソボレフ不等式を導出し、その応用としてC60フラーレンとその異性体上の離散ソボレフ不等式の最良定数を計算する。
Y. Kametaka, K. Watanabe, A. Nagai, K. Takemura, H. Yamagishi, H. Sekido, The best constant of discrete Sobolev inequality on 1812 C60 fullerene isomers, JSIAM Letters 2020 Volume 12 pp. 49-52.