調和解析駒場セミナー

過去の記録 ~05/26次回の予定今後の予定 05/27~

開催情報 土曜日 13:00~18:00 数理科学研究科棟(駒場) 128号室
担当者 小林政晴(北海道大学), 筒井容平(信州大学), 澤野嘉宏(首都大学東京), 寺澤祐高(名古屋大学), 田中仁(東京大学), 古谷康雄(東海大学), 宮地晶彦(東京女子大学)
備考 このセミナーは,月に1度程度,不定期に開催されます.

2014年05月17日(土)

13:30-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 128号室
このセミナーは,月に1度程度,不定期に開催されます.
筒井 容平 氏 (東京大学) 13:30-15:00
拡散性を有しない化学物質に対する走化性方程式の有界な解 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
We consider a chemotaxis system with a logarithmic sensitivity and a non-diffusive chemical substance. For some chemotactic sensitivity constants, Ahn and Kang proved the existence of bounded global solutions to the system. An entropy functional was used in their argument to control the cell density by the density of the chemical substance. Our purpose is to show the existence of bounded global solutions for all the chemotactic sensitivity constants. Assuming the smallness on the initial data in some sense, we can get uniform estimates for time. These estimates are used to extend local solutions.
This talk is partially based on joint work with Yoshie Sugiyama (Kyusyu Univ.) and Juan J.L. Vel\\'azquez (Univ. of Bonn).
香川 智修 氏 (東京都市大学) 15:30-17:00
Heat kernel and Schroedinger kernel on the Heisenberg group (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Heisenberg群上のsub-Laplacianに対する熱核およびSchroedinger核の構成について
解説し、熱核とSchroedinger核との関係について論じる。
またHeisenberg群の群演算にパラメータを、極限操作でユークリッド空間になるように入れたときの、熱核やSchrodinger核に極限操作を行ったときの振る舞いについて考察する。
熱核についてはM. W. Wong氏との共同研究である。