幾何コロキウム

過去の記録 ~06/22次回の予定今後の予定 06/23~

開催情報 金曜日 10:00~11:30 数理科学研究科棟(駒場) 126号室
担当者 植田一石,金井雅彦,二木昭人
備考 開始時間と開催場所などは変更されることがあるので, セミナーごとにご確認ください.

2014年04月10日(木)

10:00-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
開始時間と開催場所などは変更されることがあるので, セミナーごとにご確認ください.
河井 公大朗 氏 (東大数理)
等質ケーリー錐部分多様体の変形について (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
Cayley 部分多様体は、Spin(7) 多様体内の極小部分多様体で Harvey, Lawson により導入された calibrated submanifold の一種である。calibrated submanifold の変形は、最初 Mclean により研究された。彼はコンパクトな場合を調べ、現在では錐、漸近的に錐な場合など非コンパクトな場合への拡張が試みられている。Cayley 錐の変形のモジュライ空間は、一般には滑らかでないことが知られているが、本講演では、R^8の等質 Cayley 錐の場合に着目し、具体的に変形の様子を調べることを考える。