PDE実解析研究会

過去の記録 ~07/24次回の予定今後の予定 07/25~

開催情報 火曜日 10:30~11:30 数理科学研究科棟(駒場) 056号室
担当者 儀我美一、石毛和弘、三竹大寿、米田剛
セミナーURL http://coe.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/pde_ra/
目的 首都圏の偏微分方程式、実解析の研究をさらに活発にするために本研究会を東大で開催いたします。
偏微分方程式研究者と実解析研究者の討論がより日常的になることを目指しています。
そのため、講演がその分野の概観をもわかるような形になるよう配慮いたします。
また講演者との1対1の討論がしやすいように講演は火曜の午前とし、午後に討論用の場所を用意いたします。
この研究会を通して皆様に気楽に東大を訪問していただければ幸いです。
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)の情報が掲載されております。

2013年11月13日(水)

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)までの情報が掲載されております。
Mark Wilkinson 氏 (École normale supérieure - Paris)
Eigenvalue Constraints and Regularity of Q-tensor Navier-Stokes Dynamics (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
The Q-tensor is a traceless and symmetric 3x3 matrix that describes the small-scale structure in nematic liquid crystals. In order to be physically meaningful, its eigenvalues should be bounded below by -1/3 and above by 2/3. This constraint raises questions regarding the physical predictions of theories which employ the Q-tensor; it also raises analytical issues in both static and dynamic Q-tensor theories of nematic liquid crystals. John Ball and Apala Majumdar recently constructed a singular map on traceless, symmetric matrices that penalises unphysical Q-tensors by giving them an infinite energy cost. In this talk, I shall present some mathematical results for a coupled Navier-Stokes system modelling nematic dynamics into which this map is built, including the existence, regularity and so-called `strict physicality' of its weak solutions.