数理人口学・数理生物学セミナー

過去の記録 ~06/23次回の予定今後の予定 06/24~


2013年01月15日(火)

14:00-16:00   数理科学研究科棟(駒場) 152号室
中田行彦 氏 (セゲド大学ボリアイ研究所)
細胞増殖過程を記述した微分方程式モデルとそのダイナミクス (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
血液をはじめとして様々な生体組織において、分化細胞を生じさせる成体幹細胞(adult stem cells)が見つけられている。成体幹細胞はその自己再生能力と分化能力によって特徴付けられ、恒常状態では、自己再生能力によって幹細胞の枯渇を防ぐと共に、組織修復時には分化細胞を供給する。本研究では、微分方程式モデルの数理解析を通して、細胞生成系における幹細胞の成熟過程や恒常状態を維持するための制御機構の役割を議論する。また、状態依存型遅延微分方程式によって記述される、細胞の成熟度によって構造化された個体群モデルも紹介する。