PDE実解析研究会

過去の記録 ~02/25次回の予定今後の予定 02/26~

開催情報 火曜日 10:30~11:30 数理科学研究科棟(駒場) 056号室
担当者 儀我美一、石毛和弘、三竹大寿、米田剛
セミナーURL http://coe.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/pde_ra/
目的 首都圏の偏微分方程式、実解析の研究をさらに活発にするために本研究会を東大で開催いたします。
偏微分方程式研究者と実解析研究者の討論がより日常的になることを目指しています。
そのため、講演がその分野の概観をもわかるような形になるよう配慮いたします。
また講演者との1対1の討論がしやすいように講演は火曜の午前とし、午後に討論用の場所を用意いたします。
この研究会を通して皆様に気楽に東大を訪問していただければ幸いです。
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)の情報が掲載されております。

2012年11月21日(水)

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)までの情報が掲載されております。
Giovanni Pisante 氏 (Seconda Università degli Studi di Napoli)
Shape Optimization And Asymptotic For The Twisted Dirichlet Eigenvalue (ENGLISH)
[ 講演概要 ]
Aim of the talk is to discuss some recent results obtained with G. Croce and A. Henrot on a generalization of the functional defining the first twisted eigenvalue.
We look at the set functional defined by minimizing a Rayleigh quotient involving Lebesgue norms with different exponents p and q among functions satisfying a zero boundary condition as well as a zero mean condition of order q.
First under suitable conditions on p and q, that ensure the existence of a minimizing function, we investigate the validity of an isoperimetric type inequality of the Reyleigh-Faber-Krahn type.
Then we study the limit of the functional for p and q tending to 1 and to infinity and discuss the relation with the limits of the second eigenvalues of the p-laplacian operator.