統計数学セミナー

過去の記録 ~04/16次回の予定今後の予定 04/17~

担当者 吉田朋広、荻原哲平、小池祐太
セミナーURL http://www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kamatani/statseminar/
目的 確率統計学およびその関連領域に関する研究発表, 研究紹介を行う.

2007年06月06日(水)

16:20-17:30   数理科学研究科棟(駒場) 122号室
小池 健一 氏 (筑波大学大学院数理物質科学研究科)
非正則な位置尺度母数分布族における位置母数の逐次点推定について
[ 講演概要 ]
有界な台をもつ非正則な位置尺度母数分布族に対して,その位置母数の逐次点推定を考える.ここでは,平均二乗誤差に費用も加えてリスクを考える.レンジに基づく停止則を提案し,これが漸近有効であることを示す.また,良く知られているRobbinsの逐次推定方式との比較を行い,密度関数の台の端点で密度関数が急激に変化する場合には,提案する逐次推定方式が標本数やリスクの意味で優れていることを示す.この結果は,逐次区間推定に関するKoike (2007)のものと同様であることが分かる
[ 参考URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2007/01.html