保型形式の整数論月例セミナー

過去の記録 ~06/17次回の予定今後の予定 06/18~

開催情報 土曜日 13:30~16:00 数理科学研究科棟(駒場) 123号室
担当者 織田 孝幸
セミナーURL https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~takayuki/monthly-seminar.html

2006年05月20日(土)

13:30-15:45   数理科学研究科棟(駒場) 123号室
水野 義紀 氏 (慶應大学COE研究員) 13:30-14:30
The Koecher-Maass series for real analytic Siegel-Eisenstein series
[ 講演概要 ]
非正則のジーゲル保型形式に対して、そのKoecher-Maass級数を定義し、その解析接続・関数等式を得ることは、正則のときMaassが発展させた方法でうまくいくかどうかはわかっていないと思われます。一変数半整数の実解析的Eisenstein級数のRankin-Selberg convolutionの解析接続、関数等式を示し、伊吹山・桂田の明示公式を用いた実解析的Siegel-Eisenstein級数のKoecher-Maass級数への応用(解析接続、関数等式)を述べます。
石井 卓 氏 (東京大学大学院数理科学研究科) 14:45-15:45
Standard L-functions for generic cusp forms on GSp(2)
[ 講演概要 ]
Whittaker模型を持つようなGSp(2)の尖点保型表現に付随するスタンダードL関数(5次のオイラー積)を、Ginzburg-Rallis-Soudry ('97)やBump-Friedberg-Ginzburg ('99)によって与えれたゼータ積分を通じて解析接続する方法について、これまでに得られた結果を紹介する。