木 田 良 才(KIDA Yoshikata)

 >個人ホームページ
講   座 離散数理学講座 准教授
研究分野 離散群,エルゴード理論
研究テーマ
群作用のエルゴード理論,軌道同値関係
研究概要

これまで測度空間への群作用を軌道同型の観点から調べてきた. 中でも剛性と安定性の問題について取り組んできた. 剛性とは軌道同値関係から作用の情報を復元できることを意味し, 安定性とは超有限同値関係を直積の下で吸収することを意味する. 群の幾何学的な性質を応用して得られた結果が多い.

主要論文
  1. The mapping class group from the viewpoint of measure equivalence theory, Mem. Amer. Math. Soc. 196 (2008), no. 916.
  2. Measure equivalence rigidity of the mapping class group, Ann. of Math. (2) 171 (2010), 1851--1901.
  3. Rigidity of amalgamated free products in measure equivalence, J. Topol. 4 (2011), 687--735.
  4. Invariants of orbit equivalence relations and Baumslag-Solitar groups, Tohoku Math. J. (2) 66 (2014), 205--258.
  5. Stability in orbit equivalence for Baumslag-Solitar groups and Vaes groups, Groups, Geom. Dyn. 9 (2015), 203--235.
  6. Stable actions of central extensions and relative property (T), Israel J. Math. 207 (2015), 925--959.
学会 日本数学会
受賞

井上研究奨励賞(2008年)

日本数学会幾何学賞(2009年)

科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞(2011年)