PDE実解析研究会

過去の記録 ~12/08次回の予定今後の予定 12/09~

開催情報 火曜日 10:30~11:30 数理科学研究科棟(駒場) 056号室
担当者 儀我美一、下村明洋、高棹圭介
セミナーURL http://coe.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/pde_ra/
目的 首都圏の偏微分方程式、実解析の研究をさらに活発にするために本研究会を東大で開催いたします。
偏微分方程式研究者と実解析研究者の討論がより日常的になることを目指しています。
そのため、講演がその分野の概観をもわかるような形になるよう配慮いたします。
また講演者との1対1の討論がしやすいように講演は火曜の午前とし、午後に討論用の場所を用意いたします。
この研究会を通して皆様に気楽に東大を訪問していただければ幸いです。
北海道大学のHPには、第1回(2004年9月29日)~第38回(2008年10月15日)の情報が掲載されております。

次回の予定

2016年12月20日(火)

10:30-11:30   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
Nader Masmoudi 氏 (Courant Institute, NYU)
On the stability of the 3D Couette Flow (English)
[ 講演概要 ]
We will discuss the dynamics of small perturbations of the plane, periodic Couette flow in the 3D incompressible Navier-Stokes system at high Reynolds number. For sufficiently regular initial data, we determine the stability threshold for small perturbations and characterize the long time dynamics of solutions near this threshold. For rougher data, we obtain an estimate of the stability threshold which agrees closely with numerical experiments. The primary linear stability mechanism is an anisotropic enhanced dissipation resulting from the mixing caused by the large mean shear. There is also a linear inviscid damping similar to the one observed in 2D. The main linear instability is a non-normal instability known as the lift-up effect. There is clearly a competition between these linear effects. Understanding the variety of nonlinear resonances and devising the correct norms to estimate them form the core of the analysis we undertake. This is based on joint works with Jacob Bedrossian and Pierre Germain.