幾何コロキウム

過去の記録 ~05/31次回の予定今後の予定 06/01~

開催情報 金曜日 10:00~11:30 数理科学研究科棟(駒場) 126号室
担当者 植田一石,金井雅彦,二木昭人
備考 開始時間と開催場所などは変更されることがあるので, セミナーごとにご確認ください.

今後の予定

2016年06月03日(金)

13:00-14:30   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
いつもと部屋が違いますのでご注意下さい。
西納武男 氏 (立教大学)
On a construction of holomorphic disks (Japanese)
[ 講演概要 ]
Recent study of algebraic and symplectic geometry revealed that holomorphic disks play an important role in several situations, deforming the classical geometry in some sense. In this talk we give a construction of holomorphic disks based on deformation theory, mainly on certain algebraic surfaces.

2016年06月03日(金)

15:00-16:30   数理科学研究科棟(駒場) 118号室
いつもと部屋が違いますのでご注意下さい。
三浦真人 氏 (KIAS)
Calderoのトーリック退化とミラー対称性 (Japanese)
[ 講演概要 ]
本講演では、Fano多様体のトーリック退化に関する基本的な事項を説明する。中でも、Calderoが提案したLusztig--柏原の双対標準基底の弦的助変数付けを用いた、Schubert多様体のトーリック退化に着目する。応用として、直交グラスマン多様体OG(2,7)の線形切断として得られる3次元Calabi--Yau多様体の予想されるミラー構成を紹介する。本講演は井上大輔氏、伊藤敦氏との共同研究に基づいている。