離散数理モデリングセミナー

過去の記録 ~08/22次回の予定今後の予定 08/23~

担当者 時弘哲治, ウィロックス ラルフ

2017年04月26日(水)

15:30-17:00   数理科学研究科棟(駒場) 056号室
土谷 洋平 氏 (神奈川工科大学)
nonlocalな古典可積分系に関する最近の話題 (JAPANESE)
[ 講演概要 ]
ここでいうnonlocalな可積分系とは、離散系のことではなく、特異積分変換項を持った微分方程式の可積分系をさします。そのような方程式に関しては、1.nonlocalな量子可積分系との関連について、3.テータ関数解について、3.佐藤理論から見た対称性についてといった話があります。最近の話題ということで、一応2.を中心にお話しようと思っています。技術的にはリーマン面上に特殊な第三種アーベル積分を構成する話で、地味に見えるかもしれませんが、きっと応用がある話だと思っています。