2018年度公開講座

東京大学大学院数理科学研究科
数物フロンティア・リーディング大学院


2018年度公開講座  「行列」

2018年11月23日(金・祝)13:30~17:00(12:30開場) 
場所:東京大学駒場キャンパス 数理科学研究科棟・大講義室
最寄駅:京王井の頭線「駒場東大前」
アクセス: http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

講師: 斎藤 秀司,三枝 洋一,高木 俊輔

プログラム

12:30

開場

13:30-13:35

研究科長挨拶 河野 俊丈(東京大学大学院数理科学研究科)

13:35-14:35

斎藤 秀司 (東京大学大学院数理科学研究科)

『行・列で「数」を作ろう』 

小学生の頃より親しんできた数の概念. 最初は自然数、整数、有理数、さらに実数,そして複素数と数の世界は広がっていきます. 実数全体の集合をRで表すと複素数全体の集合は、C = {a + bi| a, b ∈ R} と書けます. ここで i = √-1 は虚数単位,つまり二乗して -1 になる数です. しかしながらいったいそんな数がどうして存在すると確信できるのでしょうか?この講義では行列を使うことによりそのような「数」が有理数から作りだせることを解説します.  

14:45-15:45

三枝 洋一(東京大学大学院数理科学研究科)

『行列と整数論』

行列は,整数論の研究においても頻繁に登場します.連分数やユークリッドの互除法などの比較的親しみやすい話題を通して,行列と整数論がどのように関係しているか,その一端を紹介したいと思います.  

16:00-17:00

高木 俊輔(東京大学大学院数理科学研究科)

『行列の冪乗とその応用』

Googleの検索エンジンは、「ページランク」と呼ばれるウェブページの重要度を測るアルゴリズムを使用しています.ページランクのスコアは行列の冪乗計算を用いて算出されますが、この講座ではその仕組みについて解説したいと思います. 

*対象:高校生,大学生,教員,数学に興味のある一般の方.

*入場無料.事前登録不要.

お問合せ先:〒153-8914 目黒区駒場3-8-1 東京大学大学院数理科学研究科



国立大学2018フェスタ