Tokyo Probability Seminar

Seminar information archive ~06/23Next seminarFuture seminars 06/24~

Date, time & place Monday 16:00 - 17:30 126Room #126 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)
Organizer(s) Makiko Sasada, Shuta Nakajima

2024/06/24

16:00-17:30   Room #126 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)
We are having teatime from 15:15 in the common room on the second floor. Please join us.
Fumihiko Nakano (Tohoku University)
Temperley - Lieb 演算子の持ち上げとRazumov - Stroganov 予想について (日本語)
[ Abstract ]
Razumov - Stroganov 予想とはリンクパターン上の生成する線型空間上のあるハミルトニアンの基底状態に対応するFPLの個数が現れるという予想で、2010年に解決されたが、O(1)-loop model, 交代符号行列を介して2次元統計力学の模型や組み合わせ論との様々なつながりがあり、今も注目されている。Temperley - Lieb 演算子の持ち上げを用いたRS予想のより平易な証明について議論する。