Seminar on Probability and Statistics

Seminar information archive ~07/20Next seminarFuture seminars 07/21~

Organizer(s) Nakahiro Yoshida, Hiroki Masuda, Teppei Ogihara, Yuta Koike

2010/02/17

15:00-16:10   Room #128 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)
清 智也 (東京大学 情報理工学系研究科)
勾配写像で表される球面上の確率分布族
[ Abstract ]
球面上の確率分布族は、方向統計学において重要である。本講演では、コスト凸関数 (c-凸関数)と呼ばれる関数とその勾配写像を用いて、球面上の分布族を構成する。 コスト凸関数とは、最適輸送理論の分野で導入された概念であり、ユークリッド空間 における凸関数をリーマン多様体の場合へ拡張させたものである。提案する分布族の 性質をいくつか示し、簡単な方向データの解析例を示す。
[ Reference URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2009/14.html