Seminar on Probability and Statistics

Seminar information archive ~02/25Next seminarFuture seminars 02/26~

Organizer(s) Nakahiro Yoshida, Teppei Ogihara, Yuta Koike

2008/10/30

16:20-17:30   Room #270 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)
若木 宏文 (広島大学大学院理学研究科)
正規母集団に関する検定統計量の分布の漸近展開の誤差評価
[ Abstract ]
多変量正規母集団に関する検定統計量の帰無分布の特性関数は、いくつかの多変量ガ ンマ関数の比として表されることが多い。Box (1949) はガンマ関数の漸近展開(ス ターリングの公式)を用いて、このような分布の大標本漸近展開公式を導出したが、 導出過程での剰余項を詳しく評価してゆくことで、分布関数の漸近展開近似の計算可 能な誤差限界を導出することができる。いくつかの検定統計量に対する大標本漸近展 開近似の誤差限界を導出し、高次元・大標本の枠組みで得られているエッジワース展 開近似の誤差限界と比較する。
[ Reference URL ]
https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~kengok/statseminar/2008/08.html