Applied Analysis

Seminar information archive ~06/16Next seminarFuture seminars 06/17~

Date, time & place Thursday 16:00 - 17:30 002Room #002 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)

2007/12/06

16:00-17:30   Room #126 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)
柳田 英二 (東北大学大学院理学研究科)
藤田型方程式における時間大域解の挙動について
[ Abstract ]
この講演では,藤田型の半線形放物型偏微分方程式に関する M. Fila, J. King, P. Polacik, M. Winkler らとの共同研究による成果についてその概要を紹介する.全空間上の藤田型方程式については,これまで様々な挙動を示す時間大域解の存在が示されている.そこで大域解の時間的挙動と初期値の空間的挙動の関係を詳細に調べることにより,大域解をいくつかに分類し,その挙動がそれぞれ異なるメカニズムに支配されていることを明らかにする.時間が許せば,最近の進展や関連する話題についても触れる予定である.