Applied Analysis

Seminar information archive ~03/04Next seminarFuture seminars 03/05~

Date, time & place Thursday 16:00 - 17:30 002Room #002 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)

2006/12/14

16:00-17:30   Room #056 (Graduate School of Math. Sci. Bldg.)
山田 澄生
(東北大学・大学院理学研究科)
特異点を持つ極小部分多様体の変分原理
[ Abstract ]
与えられた境界を持つ極小部分集合に特異点が必然的に現れることは今までによく知られている現象である.幾何学的測度論は,それらの特異点を許容する存在定理の枠組みを提供する為に発展してきた.こうして現れる部分集合の幾何学的特徴付けを,写像の持つエネルギー関数の最小化というJ.Douglas の方法論を発展させることによって試みる.また特異点周辺の面積密度の単調性公式についても言及したい.